1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 世界銀行が2020年経済成長率予測をマイナス1.9%に大幅引き下げ

世界銀行が2020年経済成長率予測をマイナス1.9%に大幅引き下げ

(フィリピン)

マニラ発

2020年06月17日

世界銀行は6月、フィリピンの2020年経済成長率をマイナス1.9%とする予測を発表した。世界銀行は新型コロナウイルスの国内での感染が拡大する前の今年1月、2020年経済成長率を6.1%と予測しており(2020年1月27日記事参照)、5カ月で8.0ポイント引き下げたことになる。

世界銀行は、新型コロナウイルスの感染拡大が抑制されつつある中国、マレーシア、ベトナムといった周辺国と異なり、フィリピンの感染者数は依然拡大傾向にあり、ピークを迎えていないとした。

フィリピンの8.0ポイントという引き下げ幅は、ベトナム(3.7ポイント引き下げ)、インドネシア(5.1ポイント引き下げ)、ミャンマー(5.2ポイント引き下げ)、マレーシア(7.6ポイント引き下げ)、タイ(7.7ポイント引き下げ)といった周辺国よりも大きい。

フィリピン政府は3月中旬以降講じてきた外出制限や公共交通機関の運行停止といった厳しい措置について、6月に入り一部緩和する措置を発表(2020年6月2日記事参照)したが、6月14日時点の感染者数は2万5,930人、1日当たりの感染者数は539人と感染拡大傾向は収まっていない。

世界銀行は2021年のフィリピンの経済成長率は6.2%と予測し、ASEANの中ではマレーシア(6.9%)、ベトナム(6.8%)に次いで高い経済成長率を記録するとした。

(坂田和仁)

(フィリピン)

ビジネス短信 532d841ed9fae9f1

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp