1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. アジア開発銀行、アジア大洋州地域の2020年成長率を0.1%と予測

アジア開発銀行、アジア大洋州地域の2020年成長率を0.1%と予測

(アジア、フィリピン)

マニラ発

2020年06月25日

アジア開発銀行(ADB)は6月18日、2020年のアジア大洋州地域(注)の経済成長率が0.1%とする予測を発表し、2.2%としていた4月時点の予測を2.1ポイント引き下げた。2021年の同地域の経済成長率は4月時点の予測と同じ6.2%に据え置いた。

ADBは、タイ(マイナス6.5%)、香港(マイナス6.5%)、シンガポール(マイナス6.0%)、マレーシア(マイナス4.0%)、インド(マイナス4.0%)、フィリピン(マイナス3.8%)、韓国(マイナス1.0%)、インドネシア(マイナス1.0%)といった国・地域が2020年にマイナス成長になるとした。

一方で、バングラデシュ(4.5%)、ベトナム(4.1%)、中国(1.8%)、ミャンマー(1.8%)、台湾(0.8%)といった国・地域がプラス成長を確保するとした。

フィリピンは民間消費、投資が収縮しマイナス3.8%と予測

ADBはフィリピンの2020年の経済成長率について、特に民間消費や投資が当初の想定以上に収縮しているとし、4月時点の予測(2.0%)から5.8ポイント減となるマイナス3.8%と予測した。

フィリピンの2020年第1四半期(1~3月)の経済成長率はマイナス0.2%と、約21年ぶりのマイナス成長を記録(2020年5月14日記事参照)し、4月の失業率は過去最悪の17.7%を記録した(2020年6月12日記事参照)。ADBは新型コロナウイルスの国内感染の拡大を受けて3月中旬から発動している隔離措置が経済成長率に大きく影響しているとした。

(注)アジア大洋州地域の国・地域のうち以下の46カ国・地域

  • 中央アジア:アルメニア、アゼルバイジャン、ジョージア、カザフスタン、キルギス、タジキスタン、トルクメニスタン、ウズベキスタン
  • 東アジア:香港、モンゴル、中国、韓国、台湾
  • 南アジア:アフガニスタン、バングラデシュ、ブータン、インド、モルディブ、ネパール、パキスタン、スリランカ
  • 東南アジア:ブルネイ、カンボジア、インドネシア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ティモール、ベトナム
  • 大洋州:クック諸島、ミクロネシア、フィジー、キリバス、マーシャル諸島、ナウル、ニウエ、パラオ、パプアニューギニア、サモア、ソロモン諸島、トンガ、ツバル、バヌアツ

(坂田和仁)

(アジア、フィリピン)

ビジネス短信 044e55cb835914d9

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp