1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 2019年の自動車販売が前年比2.3%減、2016年以来の減少に転ずる

2019年の自動車販売が前年比2.3%減、2016年以来の減少に転ずる

(ロシア)

サンクトペテルブルク発

2020年01月22日

在ロシア欧州ビジネス協会(AEB)の発表(1月14日)によると、ロシアにおける2019年の新車乗用車および小型商用車の販売台数は前年比2.3%減の175万9,532台で、2016年以来の減少に転じた(図参照)。第4四半期(10~12月)の販売台数は48万8,140台で、前年同期比3.0%減となった。AEBは2018年末の段階で、2019年の販売台数を187万台と見込んでいた(2019年1月18日記事参照)が、想定を下回った格好だ。

図 年間自動車販売台数の推移

ブランド別で最も販売台数が多いのは、ラダの36万2,356台(前年比0.6%増)だ(表参照)。その次に、起亜の22万5,901台(0.7%減)、現代の17万8,809台(0.3%増)と続く。

表 2019年のブランド別販売台数

AEB自動車製造者委員会のヨルグ・シュライバー委員長は、2020年の自動車市場は2019年と同様「困難な状況」になるだろうとした上で、2020年の年間販売台数は前年比2.1%減の172万台と予測している。

在ロシアの自動車産業関係者はジェトロのインタビューに対し、2019年の自動車販売市場が苦戦した要因について「2019年1月1日からの付加価値税引き上げ(2018年8月6日記事参照)に伴って、便乗を含め価格の上がった商品・サービスが多くあった一方、一般消費者の収入は伸びず、自動車へ消費が回らなかった」とし、付加価値税引き上げを主な要因として指摘した。併せて、2018年の自動車販売市場の拡大は「成長局面によるものではなく、サッカー・ワールドカップや大統領選挙直前の予算消化などの特殊要因(2019年2月28日記事参照)によるものだった」と述べた。

(一瀬友太)

(ロシア)

ビジネス短信 3c373065b7d49a50

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp