1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 韓国・ASEAN特別首脳会議開催、対話を通しビジネス環境改善へ

韓国・ASEAN特別首脳会議開催、対話を通しビジネス環境改善へ

(ASEAN、韓国)

ジャカルタ発

2019年12月06日

韓国とASEANの特別首脳会議が11月25、26日、韓国の釜山で開催された。両者のダイアログパートナー30周年記念として開かれたもの。2009年と2014年にも韓国で開催されており、今回が3回目。特別首脳会議の共同声明(英文)PDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)の要旨は以下のとおり。

  • 韓国が「新南方政策」を通し、ASEANとの関係を強化していることを歓迎。
  • ASEAN・韓国アクションプラン2016~2020PDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)」の進捗を歓迎。2020年に同アクションプラン2021~2025を採択予定。
  • ASEAN 2025:Forging Ahead TogetherPDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)」(注1)や、域内格差是正のためのASEAN統合イニシアチブ(注2)の実現に向けた韓国の協力に感謝。
  • ASEANが提唱するインド太平洋構想「ASEAN Outlook on the Indo-Pacific」(2019年6月28日記事参照)に対する韓国の協力に感謝。

ASEAN・韓国間の経済協力分野については次のとおり。

  • 東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の2020年の署名に向け、文書で合意されたことを歓迎。
  • 貿易円滑化、電子商取引、環境、先進技術などの分野で6つのプロジェクトを2019年に実施。
  • 「ASEAN事務総長とASEAN韓国商工会議所との対話」の設立を歓迎(第1回を11月24日に実施)。
  • 第4次産業革命に備え、イノベーション分野での協力。
  • ASEAN・韓国科学技術協力センターの設立を歓迎。

ASEANstats外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますによると、2018年の韓国からASEANに対する直接投資額(フロー)は約65億ドルで、世界からASEANへの投資総額の約4%(図参照)。EUの投資額219億ドル(14%)、日本の211億ドル(13%)と比較すると、韓国からの投資額はまだ低調だ。

図 各国・地域によるASEANへの投資額の推移

上記の「ASEAN事務総長とASEAN韓国商工会議所との対話」設立は、対話を通して投資環境改善を図り、韓国企業によるASEANへの投資促進を目的とする。日本は既に「ASEAN事務総長と在ASEAN日本人商工会議所連合会(FJCCIA)との対話」を2008年から毎年実施しており、ASEAN物品貿易協定(ATIGA)における電子原産地証明書(e-Form D)の運用実現を提案し、実現させた実績がある(2019年6月20日記事参照)。ジェトロのヒアリングに対し、韓国関係者は「日本の取り組みをベンチマークにしている」と語った。

(注1)2015年11月の第27回ASEAN首脳会議で採択されたASEANの今後10年間(2016~2025年)の方向性を示したもの。ASEAN代表部ウェブサイト外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます参照。

(注2)ASEAN統合イニシアチブは、ASEANの後発加盟国であるカンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナム(CLMV)に対する開発格差是正などの支援を通じ、さらなる地域統合を促進することを目的としたもの。2000年11月の第4回ASEAN非公式首脳会議で立ち上げられた。外務省ウェブサイト外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます参照。

(上野渉、シファ・ファウジア)

(ASEAN、韓国)

ビジネス短信 927b1275d1fb66c2

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp