1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 2020年米大統領選挙の世論調査、アイオワ州で民主党候補上位4人が混戦

2020年米大統領選挙の世論調査、アイオワ州で民主党候補上位4人が混戦

(米国)

米州課

2019年11月08日

米国コネチカット州のキニピアク大学は11月6日、アイオワ州での2020年大統領選挙に関する世論調査結果を発表した外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます(注1)。アイオワ州は他州に先駆けて2020年2月3日に民主党党員集会(予備選)が実施されることで注目される。

「今日、民主党の大統領予備選が行われたら、誰に投票するか」という問いに対して、エリザベス・ウォレン氏への支持が20%と1位だったが、それに続くピート・ブッティジェッジ氏(19%)、バーニー・サンダース氏(17%)、ジョー・バイデン氏(15%)と、上位4人の激しい競争となっている(表1参照)。

各候補者の詳細は、2019年11月8日記事参照

表1 民主党の予備選で誰に投票するか

予備選での選定基準として重視する候補者の資質としては、「大統領選挙で勝てる」(33%)、「正直さ」(25%)、「国民への配慮」(18%)、「リーダーシップ」(15%)の順となった。重視する項目としては、「ヘルスケア」(34%)、「気候変動」(24%)、「経済」(11%)が上位を占めた。

キニピアク大学世論調査アナリストのメアリー・ショウ氏は「党員集会での投票予定者の半数は、投票当日までに変更もあり得るとしており、選挙の行方は不透明」としている。

また、10月に同大学が実施した全国調査(注2)で、上位4人の候補者の印象を聞いたところ、リベラル過ぎるという印象はサンダース氏が43%と最も強く、バイデン氏が最も中道的(61%)とみられている。ブッティジェッジ氏、ウォレン氏も50%以上が中道的としている(表2参照)。

表2 上位4人の候補者の印象

10月の調査による上位4人の予備選の投票予想は、ウォレン氏(28%)、バイデン氏(21%)、サンダース氏(15%)、ブッティジェッジ氏(10%)の順だった。誰が大統領選挙でドナルド・トランプ氏に勝てるかという問いに対しては、バイデン氏(42%)が1位で、ウォレン氏(20%)、サンダース氏(14%)、ブッティジェッジ氏(2%)が続いた。

(注1)調査の実施時期は10月30日~11月5日、対象者はアイオワ州の民主党党員集会投票予定者698人。

(注2)調査の実施時期は10月17~21日、対象者は全米の有権者1,587人、うち民主党支持者は713人。

(松岡智恵子)

(米国)

ビジネス短信 355d0da82c340f25

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp