1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 2020年政府予算案を発表、税制改革を推進

2020年政府予算案を発表、税制改革を推進

(スウェーデン)

ロンドン発

2019年10月01日

スウェーデンのマグダレーナ・アンデション財務相は9月18日、「より強力な社会のための改革」と銘打った2020年政府予算法案を国会に提出した。社会民主労働党および環境党の与党2党は、中央党および自由党の2党の閣外協力を得ており(2019年1月23日記事参照)、社会民主労働党にとっては「富裕税」の廃止など、不本意な妥協も余儀なくされた予算案となった。

雇用拡大・福祉充実・環境などのために税制改革

予算案は、歳入が1兆1,160億クローナ(約12兆2,760億円、1クローナ=約11円)、歳出が1兆69億クローナの黒字予算。主な歳出の内訳は以下のとおり。

  1. 地方自治体への一般補助金:1,284億クローナ
  2. 家族政策:1,014億クローナ
  3. 疾病・障害者補助:957億クローナ
  4. 医療介護・社会ケア:842億クローナ
  5. 教育・研究:833億クローナ
  6. 労働市場・労働環境:772億クローナ
  7. 国防:648億クローナ
  8. 交通・通信:613億クローナ
  9. 司法:517億クローナ
  10. 国際援助:460億クローナ

政府は、雇用拡大、福祉の充実、環境面での目標達成のために、以下の各種税制改革を進めるとしている。

  • 高所得者に課せられる「富裕税」廃止
  • 65歳以上の所得税減税
  • 過疎地域居住者対象の減税導入
  • 起業や雇用関連を対象とした減税
  • 失業者を雇用する際の雇用主対象減税
  • 研究開発費対象の減税
  • 金融分野対象税の導入(2022年から導入)
  • 廃棄物燃焼税の導入
  • プラスチック袋税の導入

スウェーデン経済は緩やかに減速

政府の経済予測では、スウェーデン経済は今後、徐々に減速するとしている。2019年と2020年のGDP成長率をそれぞれ1.4%と見込む(表参照)。減少傾向にあった失業率は、今後わずかな上昇を見込むものの、労働市場は引き続き好調な見通し。他方、英国のEU離脱や米中の貿易摩擦などにより、下振れリスクも指摘されている。

表 スウェーデンの主要経済指標

しかし、アンデション財務相は「スウェーデン経済は世界や国内の不確実性に対抗する備えがある。国家財政は黒字で、GDP比債務残高は1970年代後半以来の低水準だ。また、失業率も低水準となっている。われわれは責任ある財政政策を行ってきており、改革をさらに推し進める用意がある」と述べた。

(三瓶恵子)

(スウェーデン)

ビジネス短信 65def48d1e5c017a

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp