1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 使い捨てプラスチックの一部製品の禁止延期は違憲、2020年1月から禁止に

使い捨てプラスチックの一部製品の禁止延期は違憲、2020年1月から禁止に

(フランス)

パリ発

2019年08月07日

フランスのエネルギー転換法と食品法は2020年1月から使用を禁止するプラスチック製品を特定しているが(2018年10月11日記事参照)、「企業の成長・変革のための行動計画に関する法律(PACTE)法外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます」第17条がストローやコップ用ふたなどの一部製品について、禁止開始時期を1年延期(2019年4月26日記事参照)することを規定していた。しかし、憲法評議会は5月16日、この規定を違憲とする決定を下した。これにより、2020年1月1日から、使い捨てプラスチックのカップ、グラス、皿、ストロー、ナイフやフォークなどのカトラリー、ステーキ用ピック、グラス用ふた、ミールトレー、アイスクリームカップ、サラダボウル、ボックス型容器、ドリンク用マドラーが禁止となる。

PACTE法第17条は、3月27日に欧州議会で採択されたEU指令案(7月2日発効、2019年5月22日記事参照)に合わせて、プラスチック製品の禁止対象外を修正するとともに、禁止措置を指令案のスケジュールに合わせ2021年へ延期していた。

PACTE法は4月11日に最終可決されたが、上院の社会党グループは4月24日、「この条項は企業や雇用への影響を考慮し、上院の共和党のエリザベット・ラミュール議員がPACTE法の修正案に盛り込んだが、プラスチック規制は環境問題であり、政府が下院に提出した原案とは関連性がない(直接的・間接的関連性のない修正を認めない憲法45条の違反)」として、その違憲性について憲法評議会に付託していた。

憲法評議会は「最初に提出されたPACTE法案との直接的・間接的な関連性はない」として第17条の削除を命令、PACTE法に盛られた延期措置、禁止対象外製品の修正が全て削除された。

規制についてのこれまでの経緯は表のとおり。

表 フランスにおける使い捨てプラスチック製品の規制

(奥山直子)

(フランス)

ビジネス短信 ff194113438a2098

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp