1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. メルコスール首脳会議でEU・メルコスールFTAの大枠合意が採択

メルコスール首脳会議でEU・メルコスールFTAの大枠合意が採択

(ブラジル、アルゼンチン、パラグアイ、ウルグアイ、ボリビア、メルコスール)

米州課

2019年07月30日

メルコスール首脳会議が7月15~17日にかけて、開催された(2019年7月29日記事参照)。会議には、議長国アルゼンチンのマウリシオ・マクリ大統領のほか、ブラジルのジャイール・ボルソナーロ大統領、パラグアイのマリオ・アブド・ベニテス大統領、ウルグアイのタバレ・バスケス大統領のメルコスール加盟4カ国の首脳に加えて、ボリビアのエボ・モラレス大統領も出席した。首脳会議では、次の決議が採択された。

外交では、EU・メルコスール自由貿易協定(FTA)の大枠合意の内容が採択された。また、現在交渉中の欧州自由貿易連合(EFTA)、カナダ、シンガポール、韓国とも、継続して会合を開催している旨が報告された。メルコスール制度自体の改革を目指し、メルコスールのさらなる生産性向上と競争力強化のため、対外共通関税(ポルトガル語でTEC、またはスペイン語でAEC)について分析するチームを立ち上げた。また、メルコスール加盟プロセス中のボリビアは、事務レベルのグループを立ち上げ、メルコスール共通関税分類番号のNCMコードおよび対外共通関税の導入について検討を始めた。

投資分野では、2017年4月にメルコスール加盟国間で貿易投資円滑化協定に関する議定書を締結しており、このたび、これをさらに深化させる、ブラジル・ウルグアイ間の投資円滑化協定が発効した。

環境分野では、12月にチリで開催される国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)に向けて、協力している旨で合意した。ブラジルは2018年11月、ほぼ内定していた2019年のCOP25ホスト国を辞退しており、ブラジルの環境分野に関する後退が懸念されていたが、本共同宣言の採択により、前向きな姿勢が確認された。

(辻本希世)

(ブラジル、アルゼンチン、パラグアイ、ウルグアイ、ボリビア、メルコスール)

ビジネス短信 5e2a7add4d58f95e

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp