1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 2019年の主要地域の最低賃金、大半が8.03%増に

2019年の主要地域の最低賃金、大半が8.03%増に

(インドネシア)

ジャカルタ発

2018年11月28日

インドネシアの主要地域における2019年の最低賃金が、11月21日までに出そろった。各州知事の定めた規程によると、ジャカルタ特別州で約394万ルピア(約3万1,000円、1ルピア=約0.0078円)、日系企業の工場が集積するブカシ県、カラワン県でそれぞれ約415万ルピア、約423万ルピアとなった。

スマラン市は8.16%増、国の基準上回る

インドネシアでは2015年の政令第78号により、インフレ率とGDP成長率から、翌年の最低賃金上昇率を決定する。労働省は2018年10月15日、2019年の上昇率を8.03%と発表していた(2018年10月29日記事参照)。同発表に基づいて、各州知事は管轄する州・県・市の最低賃金を定め、11月21日までに発表した(表参照)。

表 主要地域における2019年の最低賃金

スマラン市では、労働組合が、生活実態に沿う賃金水準として前年比25%増の289万ルピアを主張し、地元の経営者協会と意見が対立した結果、国の基準をわずかに上回る8.16%増となった。ブカシ県、カラワン県などでは今後、さらに産業セクター別の最低賃金が設定される見込みだ。セクター別の最低賃金は例年、年央になって、国の基準を上回る内容で発表されている。そのため、同地域の日系企業は、セクター別の最低賃金が発表されるまで、国の定める上昇率を踏まえて、賃金水準を設定するなどの対応を取っている。

(山城武伸)

(インドネシア)

ビジネス短信 0a304bb3bb63bca2

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査計画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp