1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. EU、在英専門機関の移転先を決定-欧州医薬品庁はアムステルダム、欧州銀行監督局はパリへ-

EU、在英専門機関の移転先を決定-欧州医薬品庁はアムステルダム、欧州銀行監督局はパリへ-

(EU、英国、オランダ、フランス)

ブリュッセル発

2017年11月21日

EUは11月20日、英国のEU離脱(ブレグジット)を前提に、ロンドンに本拠を構えているEU専門機関の移転先を決定した。欧州医薬品庁(EMA)はオランダ・アムステルダム、欧州銀行監督局(EBA)はフランス・パリに移転することになる。欧州委員会は、今回の決定を歓迎する声明を発表し、ブレグジットの「最初の目に見える結果」との認識を示した。

ブレグジットを念頭にEU専門機関の移転先決める

EU一般問題理事会がブリュッセルで11月20日に開催され、現在ロンドンに本拠を構えるEU専門機関の移転先を決定した。EUの医薬品行政を所管する欧州医薬品庁(EMA)はアムステルダム、EUの金融機関を監督する欧州銀行監督局(EBA)はパリに移転することになる。

欧州理事会(EU首脳会議)は6月22日に「英国に本拠を置くEU専門機関の移転手続きに関わる決定」を発表(2017年6月23日記事参照)しており、当該2機関についての受け入れ(ホスト)国選定作業を進めていた。

ブレグジットの「最初の目に見える結果」

欧州委は同日、今回の決定を歓迎する意向を発表し、「当該2機関の移転は英国が決めたブレグジットの『最初の目に見える結果』」との見解を示した。英国がEUを離脱する2019年3月30日以降も業務が断絶することなく、円滑に機能するように準備を進めるとしている。

欧州委は現在、今回の決定を踏まえ、当該2機関移転を実施するための法案の準備を進めている。なお、EMAは約900人、EBAは約200人の職員をそれぞれ抱えている。

(前田篤穂)

(EU、英国、オランダ、フランス)

ビジネス短信 3867208e7a4b9d90

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp