1. サイトトップ
  2. 世界のビジネスニュース(通商弘報)
  3. 複数のFTA交渉、任期中の最終合意に意欲-2017年EU一般教書演説の注目点(1)-

複数のFTA交渉、任期中の最終合意に意欲-2017年EU一般教書演説の注目点(1)-

(EU)

ブリュッセル発

2017年10月13日

欧州委員会のジャン=クロード・ユンケル委員長は9月13日、欧州議会で一般教書演説を行った。現在の欧州委の任期は2019年10月までで、報道によると、同委員長は2期目続投の意思がないと表明している。2018年下半期以降は、2019年6月に予定される欧州議会選挙により政策立案の停滞が予想され、今回が同委員長にとって事実上、最後の一般教書演説になるとみられる。同演説のポイントに加え、関連して発表された政策文書「貿易パッケージ」「産業政策戦略」、サイバー分野における提案の内容を7回に分けて報告する。今回は、ユンケル委員長の貿易と産業、サイバー分野に関する発言を中心にまとめる。

貿易や製造業など5分野の取り組みに言及

ユンケル委員長は、次の3部からなる演説を行った。

(1)2016年の一般教書演説から12カ月間の成果(経済成長の回復、雇用状況の改善、「欧州投資計画」(2014年12月3日記事参照)による投資促進、加盟国の財政の改善)

(2)貿易の促進、製造業強化、気候変動対策、サイバー分野、移民の5分野における今後の取り組みの概要

(3)EUの将来に関する提案(「自由」「平等」「法の支配」の価値観に基づく、「より団結した、より強い、より民主的な」共同体の実現に向けた施策およびロードマップ)

FTA交渉のマンデート公開を呼び掛け

ユンケル委員長は国際貿易について、域内の雇用創出とEU標準のグローバル展開につながるとした上で、これまでの成果として、日EU経済連携協定(EPA)の大枠合意(2017年7月7日記事参照)やカナダとの包括的経済貿易協定(CETA)の暫定適用開始(2017年9月21日記事参照)を挙げた。メキシコおよび南米諸国との自由貿易協定(FTA)に関して2017年内の政治的合意を目指す意向を示すとともに、オーストラリアおよびニュージーランドとのFTA交渉開始を提案した。さらに、日EU・EPAを含むこれらのFTA交渉について、任期中の最終合意に向けた意欲を示した。

また同委員長は、FTA交渉の透明性向上のために、今後は欧州委がEU理事会(閣僚理事会)に提案するマンデート(交渉権限委任)草案を全文公開すると表明。EU理事会に対しても、マンデートを採択後に一般公開するよう呼び掛けた。

一方、同委員長は「われわれは世間知らずな自由貿易主義者ではない」とし、EUの戦略的利益の保護のため、「投資スクリーニング」の枠組みに関する提案を行うと発表した。投資スクリーニングは、安全保障・公共秩序の観点から域内の投資動向を把握することを目的に、EU域外の国営企業による、域内の港湾やエネルギー・インフラ、防衛技術産業部門の企業買収に対して、透明性と精査、議論を求める内容になるという。

欧州サイバーセキュリティー庁の設立も

ユンケル委員長はデータ分野について、知的財産や個人データの保護、ネット上のプロパガンダや過激化対策などで進捗があったものの、サイバー攻撃に対する十分な対策がなされていないと指摘。「欧州サイバーセキュリティー庁」の設立を含む、サイバー攻撃からEUを守るための提案を行うと発表した。

また、世界レベルの製品を作り出すEUの産業は競争力の源泉となっているとの認識を示し、産業におけるイノベーションとデジタル化、二酸化炭素(CO2)排出削減の分野における世界的リーダーシップの確保を目的とする、新たな産業戦略を提案すると発表した。さらに気候変動分野に関しては、運輸部門からのCO2排出削減のための提案を近日中に発表するとし、移民対策に関しても取り組みを継続する意向を示した。

欧州委は、同委員長が述べた貿易や投資、データ、産業などに関する法案を含む文書を同日中に公開した。また、同委員長はフランス・ティーマーマンス第1副委員長と連名で、これらの法案を含む、今後1年間に欧州委が予定する取り組みをまとめた趣意書(Letter of Intent)PDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)を、欧州議会のアントニオ・タヤーニ議長およびEU理事会議長国であるエストニアに送付した。

(村岡有)

(EU)

通商弘報 fdc3b09d3586c65d

ご質問・お問い合わせ

よくあるご質問

ログインやメール版通商弘報などのよくお寄せいただくご質問とそのご案内をまとめました。
お問い合わせをいただく前にご確認をお願いします。

通商弘報ご購読・ご利用に関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズの方

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp

「通商弘報」定期購読の方

ジェトロ海外調査計画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:kouhou@jetro.go.jp