1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 調査レポート
  4. スタートアップを支援するサービスプロバイダーの現状(2019年11月)

スタートアップを支援するサービスプロバイダーの現状(2019年11月)

2019年11月30日

最終更新日:

アメリカでは、起業から1年以内に倒産してしまうスタートアップの割合はおよそ20%で、5年以内にはおよそ50%が消え、10年以上存続する企業の割合はおよそ30%にすぎないという調査結果がある。スタートアップが失敗する理由の一つにビジネス/マネジメント関連の専門知識の欠如が考えられ、特に初期段階のスタートアップにとっては、法務、財務、金融、人事の4分野の業務を中心に、弁護士や会計士等の専門のサービスプロバイダーにアウトソースすることが、資金面での管理や成長戦略の策定と同等に重要と考えられている。

今回、法務・知財サービス、銀行(財務)サービス、金融(会計・税)サービス、人事サービス、(デジタル)マーケティングサービス、ITサービス、保険サービス、コンサルティングサービス、バーチャル(オンライン)アシスタントサービス及びこれらのサービスを提供する大企業の例を取り上げた。 

シリーズ名:
ニューヨークだより
発行年月:
2019年11月
作成部署:
ジェトロ・ニューヨーク事務所
総ページ数:
19ページ

ファイルのダウンロード:

関連情報

ご質問・お問い合わせ