1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 調査レポート
  4. パキスタン自動車市場調査 - 部品サプライヤーのための進出ガイド - (2019年5月)

パキスタン自動車市場調査 - 部品サプライヤーのための進出ガイド - (2019年5月)

2019年05月07日

最終更新日:

本報告書は、新興の自動車市場として注目されているパキスタンへの進出を検討する自動車部品サプライヤーなど自動車関連企業を対象に、パキスタンの一般情報、自動車産業・市場・プレーヤーの情報、投資関連情報などをまとめたものである。

パキスタンでは2017年、総人口が2億人を突破した。現在は乗用車の年間販売台数が約30万台と少ないが、今後は販売台数が50万台へと拡大し、アジアでも有数の新興市場となる見込みである。これまでは、日系ブランドがほぼ100%のシェアを占めていた。しかし、新しい自動車開発政策(ADP)により、韓国や中国ブランドが続々と参入している。

マクロ経済ではルピー安や為替管理の引き締めなど、ビジネス環境も急速に変化している。また、これからパキスタンで事業を始める企業にとって、同国は治安情勢が不安定な面がある上、税制や手続き面などの情報が少ない点が不安要素だ。

本レポートが、パキスタン進出を検討する日本企業のガイドとして活用されることを期待したい。

レポートをご覧いただいた後、アンケート新しいウィンドウで開きます(所要時間:約1分)にご協力ください。

発行年月:
2019年05月
作成部署:
ジェトロ新興国ビジネス開発課、ジェトロ・アジア大洋州課
総ページ数:
47ページ

関連情報

ご質問・お問い合わせ