「産業立地はどう変わるか」自動車・同部品産業編(2016年6月)

2016年06月16日

最終更新日:

ASEAN経済共同体(AEC)の発足、ASEANを核としたプラスワンFTA網の形成などに伴う貿易・投資制度面での統合措置の進展により、企業の集積や分散に関わる制度、環境要因に大きな変化が生じている。今回、アジア主要国の自動車・自動車部品産業にターゲットを絞り、産業立地に関わる新たなトレンドや、各国の生産・販売・輸出入の状況、部材等の相互補完の進展状況などにつき報告する。
この調査レポートは2016年4月12日~22日付け、全9回、通商弘報に掲載された原稿を一部加筆・修正したものです。



レポートをご覧いただいた後、アンケート(所要時間:約1分)にご協力ください。


発行年月:2016年06月

作成部署:ジェトロ・アジア大洋州課

総ページ数:25ページ

関連情報

ご質問・お問い合わせ