1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 調査レポート
  4. 米国の製造業回帰を検証する(2013年8月)

米国の製造業回帰を検証する(2013年8月)

最終更新日: 2013年08月21日

米国は、オバマ政権発足以来、製造業での雇用創出を唱えている。オバマ大統領は再選に向けた選挙戦の中で2期目が終了する2016年までに製造業で100万人の雇用を新たに創出することを公約に掲げた。その実現に向けた政策として、法人税制の改革、職業訓練の機会や教育の充実などを挙げる。

技術の発展による自動化、効率化の進展に伴い、製造業での雇用者数は1979年をピークに減少してきた。オバマ政権はこの状況を変えていく方針だ。企業レベルでの動きを見ると、国内外の製造業企業が米国を製造拠点とする事例は徐々に増えている。それを後押しする主要因として(1)新興国リスクの増大、(2)輸出拠点としての米国の優位性上昇、(3)シェール革命、(4)ものづくり革命の浸透、の四つが挙げられる。

本報告は、2013年6月から8月までに、ジェトロの在米事務所が中心となり、これらに関する動向を捉えたレポートをまとめたものである。

発行年月:2013年8月

作成部署:ジェトロ・シカゴ事務所、ジェトロ・ニューヨーク事務所、ジェトロ・アトランタ事務所、ジェトロ・ロサンゼルス事務所、ジェトロ・ヒューストン事務所、ジェトロ・サンフランシスコ事務所、ジェトロ北米課

総ページ数:41ページ

PDFファイルのダウンロード:

電子ブック形式で読む:

電子ブックはPCのほか、スマートフォンやタブレットでもご覧いただけます。ただし、レポート内のテキスト検索はできません。

記事番号:07001461

関連情報

ご質問・お問い合わせ