1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 貿易・投資相談Q&A
  4. 電気用品の安全基準認証制度:マレーシア向け輸出

電気用品の安全基準認証制度:マレーシア向け輸出

質問

マレーシアへ電気機器を輸出する際の規格について教えてください。

回答

マレーシアに電気機器を輸入、展示、販売、宣伝販売する場合、Electricity Regulations 1994に基づき、マレーシアのエネルギー委員会(Suruhanjaya Tenaga: ST)の承認(SIRIM認証)を得て承認書(Certificate of Approval: COA)を取得する必要があります。
サラワク州では、国とは別にサラワク州電気検査部(EIU Sarawak)による承認が行われています。マレー半島を経由して輸入される機器は国の承認のみでサラワク州での承認は必要とされていませんが、直接サラワク州に輸入される機器は同州電気検査部(EIU Sarawak)の承認が必要です。検査部は国レベルの安全基準に則り検査します。

I. 対象機器

マレーシア工業標準所(SIRIM)は強制的に認証を取得する必要がある品目を下記のとおり定めています[Electricity Regulations 1994 の97(1)]。エネルギー委員会(ST)から委託を受けているSIRIM QAS Internationalが認証します。

  1. プラグ(15A以下)
  2. スイッチと調光器
  3. ソケットアウトレット(15A以下)
  4. 蛍光灯ソケット/スターター・ホルダー
  5. 天井ローゼット
  6. バイオネットキャップ/マルチアダプター
  7. 照明器具
  8. 蛍光灯用コンデンサ
  9. 蛍光灯用安定器
  10. AC電流漏電遮断機を含むサーキットブレーカーおよびミニチュア遮断器
  11. ポータブル照明ランプ
  12. 電気ポット類
  13. 厨房機器
  14. トースター、オーブン
  15. 炊飯器
  16. 冷蔵庫
  17. 浸水式電気温水器
  18. 電気温水器
  19. 洗濯機
  20. 扇風機/換気扇
  21. ハンドドライヤー
  22. アイロン
  23. 電気ひげ剃り
  24. ベポライザー(蚊取りマット、芳香器など)
  25. 電気掃除機
  26. 音響機器
  27. ビデオ映像機器
  28. オーディオ/ビデオプレイヤー類
  29. マッサージ器
  30. エアコン
  31. クリスマスイルミネーション
  32. 電動工具
  33. アダブター、充電器
  34. 電線、ケーブル類

(出典)Information Booklet on Approval of Electrical Equipment (Electricity Regulation 1994)PDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)(755KB)

II. 関係機関

  1. エネルギー委員会(Suruhanjaya Tenaga: ST)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
  2. マレーシア工業試験所(SIRIM) QAS International外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますが認証業務を委託されている。

III.申請手続き

輸入者が商品をマレーシアに輸入する前に、オンラインによって行います。申請に問題がなければ、約6営業日で認可を得ることができます。

申請者は、下記の試験所からテストレポートを入手し、DagangNet Technologies Sdn. Bhd. (DagangNet) が運営する電子申請システム(Epermit)で申請します。

申請フローは下記のとおりです。

  1. 申請者(輸入者)はDagangnetのウェブサイトより電子申請
  2. STに登録済みでなければならない。未登録の場合は、COR(Certificate of Registration to Manufacture/Import)に登録
  3. ePermitにて申請者は、電気機器の名称、ブランド名、モデル名を入力し、テストレポートを添付。
    ※電気機器の名前やモデル名などが間違っている場合、申請は拒否される。
  4. 冷蔵庫、エアコン、テレビ、ファン、照明器具等MEPS(最低エネルギー性能基準)対象品目の場合はMEPS実施テストを添付。
  5. 申請手数料 30リンギットを支払う
  6. エネルギー委員会(ST)が下記の試験所によるテスト結果および国の個別要求に基づいて評価
  7. 審査完了の通知後、新規申請料金を支払う
    単相220リンギット、三相330リンギット
  8. 承認書(COA)発行

テストレポート入手先:

  1. マレーシア工業標準所(SIRIM)もしくはマレーシア標準局(DSM)認定の試験所
  2. IEC電気機器安全規格適合性試験制度(IECEE CBスキーム)認定の試験所
  3. アジア太平洋試験所認定協力機構(APLAC)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますの相互認証が認定された試験所
  4. ASEAN電気機器協定の相互認証が認定された試験所
種類 エネルギー委員会(ST)が規制対象とする電気製品用のSIRIMラベル
スキーム 製品テスト/委託テスト(委託テストの場合は"BATCH"と表示される)
ラベル(10mm※25mm) ラベルのサンプル画像

出所:SIRIM QAS International ウェブサイト外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

2015年1月1日よりラベルが10年ぶりに更新されました。従来のラベルが偽造され、品質が劣る製品または安全性が疑わしい製品にも貼付されることがあったからです。新しいラベルはこすったり熱に晒されたりすると一時的に消えるサーモクロニックインクが使われており、従来のものよりもセキュリティが強化されています。また、ラベル毎にシリアル番号が振られているため、偽造ラベルが貼付され、安全規格を満たしていない製品が市場に出回る問題の解決が期待されます。

V. その他留意点

関係機関

調査時点:2015/04

記事番号:W-150801

ご質問・お問い合わせ

記載内容に関するお問い合わせ

貿易投資相談Q&Aの記載内容に関するお問い合わせは、オンラインまたはお電話でご相談を受け付けています。こちらのページをご覧ください。