1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 貿易・投資相談Q&A
  4. 国際複合一貫輸送:日本

国際複合一貫輸送:日本

国際複合一貫輸送について教えてください。

国際複合一貫輸送(International Multimodal Transport)とは、同一の運送人が2つ以上の異なる輸送手段を用い、貨物の引受から引渡しまで一貫して運送を行うものです。


2つ以上の輸送手段とは海陸、空陸、海空等の組み合わせです。海上では船舶、陸上では鉄道および道路輸送、さらに航空輸送を組み合わせます。現在最も広く行われているのは、海上コンテナを利用した海陸の複合一貫輸送です。(例、日本から米国向け輸出貨物を西海岸で陸揚げし、内陸部まで鉄道などで輸送する)。航空輸送と陸上輸送の組み合わせも一般的に行われています。海上輸送と航空輸送を組み合わせたシーアンドエアー輸送もあります。


海陸の国際複合一貫輸送を行う複合運送人(Multimodal Transport Operator)には、船会社とNVOCC(Non-Vessel Operating Common Carrier: 自身では船舶を運航しない運送人)があります。両者は複合運送書類としてMultimodal Transport Bill of LadingあるいはSea Waybillまたは船荷証券(B/L)を発行し複合一貫輸送を行います。


海空の複合一貫輸送は、主にNVOCCが行っており、空陸ではコンソリデーターと呼ばれる航空貨物フォワーダーが行っています。これらの場合の複合運送書類は主宰する複合運送人によりAir WaybillかSea WaybillあるいはMultimodal Transport B/Lが選択されます。


国際複合一貫輸送では複合運送人が船会社、道路運送業者、鉄道、航空会社等を下請運送人として使用しています(海陸の国際複合一貫輸送を船会社が行う場合、海上輸送は船会社自身が行う)が、複合運送書類を発行したこれら複合運送人がその運送約款に基づき荷主に対して運送責任を負います。


複合運送書類の約款ではネットワーク・システムと呼ばれる責任原則が主に採用されます。複合運送人が複合輸送の全区間について単一の責任原則に基づいて契約責任を負うのではなく、陸、海、空の輸送区間と輸送手段ごとの下請運送人の運送約款とそれらに強制的に適用される国内法、国際条約(適用法規)に準拠して運送責任を負うというシステムです。


全輸送区間共通の責任原則はなく、現実には複合輸送を構成する輸送期間ごとの下請運送人の運送約款とそれらを律する適用法規に準拠するシステムであるため、間接的な立場である荷主には非常にわかりにくいという問題が指摘されています。しかし、ネットワーク・システムは下請運送人が複合運送人に対して負う運送責任と複合運送人が荷主に負う運送責任とに乖離が生じることを防ぐことにもなっています。


関係機関
(社)日本インターナショナル フレイト フォワーダーズ協会


参考資料・情報
「国際複合輸送業務の手引(第7版)」 (社)日本インターナショナル フレイト フォワーダーズ協会
「国際複合一貫輸送約款 解説書(改訂版)」 同上


調査時点:2011/08

記事番号: A-011211

ご質問・お問い合わせ

記載内容に関するお問い合わせ

貿易投資相談Q&Aの記載内容に関するお問い合わせは、オンラインまたはお電話でご相談を受け付けています。こちらのページをご覧ください。