1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 貿易・投資相談Q&A
  4. 本船入港時に掛かる諸掛りの種類とその内容

本船入港時に掛かる諸掛りの種類とその内容

質問

本船が入港した場合に掛かる諸掛りについて教えてください。

回答

本船が入港した場合に掛かる諸掛かりには以下のものがあります。

  • ターミナル・ハンドリング・チャージ(THC)
  • コンテナ・フレート・ステーションチャージ(CFS Charge)
  • エンプティー・コンテナ・ハンドリング・チャージ(ECHC)
  • デリバリー・オーダー・フィー(D/O Fee)等
  1. ターミナル・ハンドリング・チャージ(Terminal Handling Charge: THC)
    コンテナターミナル内で発生する費用を指します。具体的には、ガントリー・クレーンを使用してコンテナを本船からコンテナ・ヤード上へ降ろす作業、コンテナ・ヤードに降ろしてからコンテナ・ヤード内の所定の場所に移動する作業、コンテナの維持・管理作業、税関への届け出作業等を取りまとめた料金です。
  2. コンテナ・フレート・ステーション・チャージ(CFS Charge)

    コンテナ・フレート・ステーション(Container Freight Station: CFS)にて発生する費用で、混載貨物の取扱費用を指します。エル・シー・エル(LCL)サービスチャージ、シー・エフ・エス(CFS)レシービング・チャージとも呼ばれています。

    混載貨物の場合は一つのコンテナの中に複数の荷主の貨物が積載されており、各荷主へ貨物を引き渡すためにはコンテナからすべての貨物を取り出して仕分けを行わなければなりません。

    そのためにはコンテナをコンテナ・ヤードからコンテナ・フレート・ステーションへ移動し、そこで貨物を取り出した後、コンテナに積載されているべき貨物のリストと実際の貨物の個数、容量を確認して税関に届ける手続きが必要です。それらの作業のための費用等をとりまとめた料金です。

  3. エンプティー・コンテナ・ハンドリング・チャージ(Empty Container Handling Charge: ECHC)
    オフドック(港湾区域外にあるコンテナヤード、例えば荷主の倉庫)で発生する費用です。例えば、荷主の都合で一旦コンテナをシャーシから降し、後日コンテナを回収する際に発生するシャーシより揚げ・降しする費用などが含まれます。
  4. デリバリー・オーダー・フィー(Delivery Order Fee)またはドキュメント・フィー(Document Fee)
    デリバリー・オーダーやアライバル・ノーティスを発行するための手数料です。一般的に船荷証券1件あたりいくらという料金体系になっています。
  5. その他
    必ず課せられるものではありませんが、付随費用として貨物留置料(Demurrage)や返還遅延料(Detention Charge)等があります。前者は超過保管料という性格のもので、コンテナ・ヤードもしくはコンテナ・フレート・ステーションでフリー・タイム(無料で保管することができる期間)を超過した場合に発生する保管料です。なお、コンテナは日本到着後7日以内にコンテナ・ヤードから引き取ることが一般的です。後者はコンテナの長期貸出し費用という性格のもので、コンテナ・ヤードからコンテナを引取った後コンテナをコンテナ・ヤードに返却するまでの日数が規定日数を超過した場合に発生します。なお、日本の場合コンテナは引取り後3日以内にコンテナ・ヤードに返却するのが一般的です。

詳細は船会社、または海貨業者にお問い合わせください。

参考資料・情報

ジェトロ:
貿易・投資相談Q&A「 CIF契約輸入におけるTHC費用配分とその留意点

調査時点:2011年8月
最終更新:2017年9月

記事番号: A-011025

ご質問・お問い合わせ

記載内容に関するお問い合わせ

貿易投資相談Q&Aの記載内容に関するお問い合わせは、オンラインまたはお電話でご相談を受け付けています。こちらのページをご覧ください。