1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 貿易・投資相談Q&A
  4. 展示品を保税・免税扱いで搬入・輸入するための手続きおよび販売手続き:日本

展示品を保税・免税扱いで搬入・輸入するための手続きおよび販売手続き:日本

質問

日本で開催される展示会に外国業者を出展させるよう準備中です。展示品を保税または免税扱いで日本に搬入・輸入するには、どのような手続きが必要でしょうか。また、保税・免税扱いの展示品を販売する場合はどのような手続きが必要でしょうか。

回答

展示品を日本へ保税扱いで搬入する手続きについて、3つのケースを説明します。

I.保税展示場の活用

当該展示会場が関税法62条の2(保税展示場の許可)によって、所轄税関長から保税展示場の許可を得ていれば、船舶や航空機から荷卸しした展示品を保税品として、関税法62条の3(保税展示場に入れる外国貨物に係る手続き)により、当該展示場に搬入できます。搬入のためには、展示等申告書(税関様式C第3340号)を税関長に提出して承認を受ける必要があります。ここでいう保税展示場とは、特定の博覧会、見本市やこれらに類するもので、外国製品を展示、使用する場所として申請され、税関長が許可したものです。

II. 再輸出免税制度の活用

展示会場が、保税展示場の許可を受けていない場合は、関税定率法第17条第1項第9号(1年以内に再輸出の条件付き輸入で、博覧会、展覧会、共進会、品評会、その他これらに類するものに出品するための物品)により、必要に応じ、展示する外国貨物の免税額に見合う担保を所轄税関長に差し入れることで、展示会場に免税で輸入することができます。申告には、再輸出貨物減免税明細書(税関様式T第1340号)を使用します。

III. ATAカルネの活用

出展する外国業者がATAカルネを取得していれば、関税納付や担保の差し入れなしで、出展物を免税で一時的に日本国内に輸入することができます。 ATAカルネとは、物品の一時輸入のための通関に関するATA条約に基づく通関手帳のことです。税関は、手帳に閉じこまれている用紙を輸入申告書、または物品明細書として使用し、物品の一時輸入を許可します。日本でのATAカルネの発給は、一般社団法人日本商事仲裁協会が行っています。

IV. 展示品を販売する場合の手続き

  1. 保税展示品が展示会の期間中に保税展示場内で販売される場合、関税法62条の4(販売用貨物等の蔵置場所の制限等)によって、その販売は輸入と見なされます。展示品の引渡し前に、その展示品が置かれている場所を管轄する税関に用途外使用等承認申請書(税関様式T第1140)を提出し、次いで輸入(納税)申告書(税関様式C第5020)を使用して輸入申告を行い、関税や消費税等を管轄税関に納付します。これにより展示品は内国貨物となり、自由に販売できます。
  2. II.にて関税定率法第17条第1項第9号により免税で輸入した場合で、販売を行った場合には、同条第4項、同法施行令第37条および同法基本通達17-3(1)により、特定用途(再輸出)免税貨物用途外使用届(税関様式T第1290号)を税関に提出して関税を納付します。
  3. ATAカルネを使用する場合も、上記と同じ手続きで展示品を販売できます。手帳保持者は、関税や消費税等の納付証明を添付した手帳を、その手帳の発給機関に提出して、預託してある担保金の返却を求めます。

関係機関

税関外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
一般社団法人 日本商事仲裁協会外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

関係法令

関税法
物品の一時輸入のための通関手帳に関する通関条約(ATA条約)の実施に伴う関税法等の特例に関する法律

調査時点:2012年7月
最終更新:2020年1月

記事番号: A-010816

ご質問・お問い合わせ

記載内容に関するお問い合わせ

貿易投資相談Q&Aの記載内容に関するお問い合わせは、オンラインまたはお電話でご相談を受け付けています。こちらのページをご覧ください。