1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 貿易・投資相談Q&A
  4. 少量・小口貨物の輸出:日本

少量・小口貨物の輸出:日本

コンテナ1個に満たない小口の貨物の輸出方法をえてください。

少量・小口の貨物を多数の荷主から集荷して、コンテナ1本に仕立てて輸送する業者があります。

コンテナ1本に満たない貨物をLCL(Less than Container Load)貨物と呼びます。LCL貨物をコンテナ・フレート・ステーション(CFS)で仕向地別にコンテナ単位に仕立てるのが船会社と非船舶運行業者(NON-VESSEL OPERATING COMMON CARRIER:NVOCC)で、混載業者ともいわれます。

仕向地によっては、適当な相積(あいづみ)貨物がすぐに見つからず、混載仕立てを行うことができない場合もあります。そこでCO-LOADという手段をとるか、時には一定の貨物が集まるまで待つケースもあります。CO-LOADとは混載貨物をコンテナ1本単位にまとめるため、2社以上の混載業者が協力することです。


コンテナ1本を満たす貨物量
現在、コンテナには20フィートと40フィートの2種類のコンテナがあります。20フィート・コンテナの場合、種類にもよりますが、最大積荷重量は22トン程度です。ただし、道路交通法での重量制限に注意がを要します。ある程度の出荷貨物の量が決定した時に、コンテナ単位のFCL(Full Container Load)貨物にするのが割安かどうかの判断が必要です。それには、FCL貨物とLCL貨物の運賃比較、FCL貨物とLCL貨物のバンニング(VANNING、すなわちコンテナ詰め)作業料の比較、また内陸から輸出する場合は、港までコンテナを運ぶドレージ(DRAYAGE)料金(運搬料金)と混載貨物便での料金を比較した上で、決定します。


LCL貨物として輸送できるもの
特殊な貨物、例えば温度管理が必要な貨物、穀物・原材料等のバラのままの貨物、長尺物、重量物、大型貨物等の場合は、単独で大口(FCL)貨物として運ぶ、あるいは特殊コンテナを必要とします。また、他の相積貨物と一緒にコンテナに積むと悪い影響がおよぶ場合も、LCL貨物にはできません。特殊コンテナは費用が高くつきます。 冷蔵または冷凍の小口貨物(混載貨物)を輸出したい場合でも、温度管理のできるリーファコンテナを利用できる場合もあります。ある程度まとまった小口貨物や特殊な小口貨物の輸送に関しては、海運貨物取扱業者(海貨業者または乙仲)や混載業者等にお問い合わせの上、最適の輸送方法を選択する必要があります。


調査時点:2011/09

記事番号: A-010140

ご質問・お問い合わせ

記載内容に関するお問い合わせ

貿易投資相談Q&Aの記載内容に関するお問い合わせは、オンラインまたはお電話でご相談を受け付けています。こちらのページをご覧ください。