日本からの輸出に関する制度 調味料の輸入規制、輸入手続き

オーストラリアの輸入規制

1. 輸入禁止(停止)、制限品目(放射性物質規制等)

調査時点:2016年9月

なし

関連リンク

関係省庁
オーストラリア農業・水資源省(DAWR)(英語)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
根拠法等
オーストラリア輸入検疫条件(英語)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
(検索画面にキーワードを入れて検索し、該当する条件を選択していくと、結果が表示されます。)

2. 施設登録、商品登録、輸入ライセンス等(登録に必要な書類)

調査時点:2017年9月

肉類、魚など由来の汁・抽出物を含むもの(HSコード1603)のみ、事前に農業・水資源省(DAWR)による輸入許可を受ける必要があります。具体的な申請手続きや検疫規定は含有成分に応じて「牛肉」、「水産物」を参照してください。

関連リンク

関係省庁
オーストラリア農業・水資源省(DAWR)(英語)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
根拠法等
オーストラリア輸入検疫条件(英語)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
(検索画面にキーワードを入れて検索し、該当する条件を選択していくと、結果が表示されます。)
その他参考情報
ジェトロ「2016年度 日本からの農林水産物・食品輸出に関する各国・地域の制度調査(オーストラリア)」

3. 動植物検疫の有無

調査時点:2017年8月

  1. HSコード0904-0906、およびHSコード2103(動物由来の成分を含む場合を除く)に関しては農業・水資源省(DAWR)による輸入許可を取得する必要がなく、かつ原則として検疫検査の対象外です。
    ただし、調理加工や包装に関するいくつかの検疫条件を満たす必要があり、詳細は「輸入手続き」「2. 輸入時の検査」の「動植物検査検疫」を参照してください。
  2. HSコード1603に関しては、農業・水資源省(DAWR)による輸入許可を取得する必要があり、具体的な申請手続きや検疫規定は含有成分に応じて「牛肉」、「水産物」を参照してください。

関連リンク

関係省庁
オーストラリア農業・水資源省(DAWR)(英語)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
根拠法等
オーストラリア輸入検疫条件(英語)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
(検索画面にキーワードを入れて検索し、該当する条件を選択していくと、結果が表示されます。)
その他参考情報
ジェトロ「2016年度 日本からの農林水産物・食品輸出に関する各国・地域の制度調査(オーストラリア)」

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。

マイリスト マイリストを開く 追加

閉じる

マイリスト
マイリスト機能を使ってみませんか?
ジェトロ・ウェブサイトのお好きなページをブックマークできる機能です。
ブックマークするにはお好きなページで追加ボタンを押してください。