概況

最終更新日:2019年06月11日

一般的事項

国・地域名パキスタン・イスラム共和国 Islamic Republic of Pakistan
面積79万6,096平方キロメートル
人口2億777万人
出所:パキスタン統計局(2017年センサス)
首都イスラマバード 人口200万人
出所:パキスタン統計局(2017年センサス)
言語パンジャブ語 48%、シンド語 12%、サライキ語 10%、ウルドゥー語(国語) 8%、パシュトー語 8%、バローチ語 3%、ヒンドコ語 2%、ブラフーイー語 1%、その他(英語、ブルシャスキ―語ほか) 8%
注:%は母語とする人口の全人口に対する割合を示す。
出所:米国中央情報局
宗教イスラム教〔96.4%(割合はスンニ派が85~90%、シーア派が10~15%)〕、ヒンドゥー教(1.6%)、キリスト教(1.59%)など。
出所:米国中央情報局
公用語ウルドゥー語(国語)、英語(公用語、エリート層および多くの省庁の共通語)

基礎的経済指標

項目 2018年
実質GDP成長率 5.23(%)
名目GDP総額 312.6(10億ドル)
一人当たりの名目GDP 1,555(ドル)
鉱工業生産指数伸び率 1.40(%)
(備考:鉱工業生産指数伸び率) 製造業生産指数
消費者物価上昇率 5.08(%)
失業率 n.a.
輸出額 23,191(100万ドル)
(備考:輸出額) 通関ベース(FOB)
対日輸出額 202(100万ドル)
(備考:対日輸出額) 通関ベース(FOB)
輸入額 60,130(100万ドル)
(備考:輸入額) 通関ベース(CIF)
対日輸入額 2,284(100万ドル)
(備考:対日輸入額) 通関ベース(CIF)
経常収支(国際収支ベース) △18,250(100万ドル)
貿易収支(国際収支ベース、財) △31,920(100万ドル)
金融収支(国際収支ベース) △12,071(100万ドル)
直接投資受入額 2,778(100万ドル)
(備考:直接投資受入額) フロー、ネット
外貨準備高 9,175(100万ドル)
(備考:外貨準備高) 金を除く
対外債務残高 142,488(100万ドル)
政策金利 10.50(%)
(備考:政策金利) ディスカウント・レート
対米ドル為替レート 121.82(ルピー)
(備考:対米ドル為替レート) 期中平均値

政治体制

政体連邦共和制
元首アリフ・アルビ大統領 (Mr. Arif ALVI)、2018年9月就任
議会制度二院制
議会概要(定員数、任期)上院104名/6年、国民議会342名/5年
内閣(主要閣僚)
担当名前-日本語表記(名前-英字表記)
首相イムラン・カーン(Imran KHAN)
首相顧問(財務)アブドゥル・ハフィーズ・シェイク(Abdul Hafeez SHAIKH)
計画開発改革相マクドゥーム・クースロ・バクティアール(Makhdoom Khusro BUKHTIAR)
外務相シャー・マフムード・クレシ(Shah Mehmood QURESHI)
内務相イジャーズ・アフマド・シャー(Ijaz Ahmad SHAH)
首相顧問(商業・繊維)アブドゥル・ラザック・ダウード(Abdul Razak DAWOOD)
首相顧問(工業・生産)アブドゥル・ラザック・ダウード(Abdul Razak DAWOOD)

政治動向

2019年9月3日 アシュラを9月10日に決定、治安情勢に要注意(パキスタン)
2019年8月27日 パキスタン、インドとの貿易を全面停止(インド、パキスタン)
2019年5月8日 5月7日からラマダン開始、渡航は要注意(パキスタン)
2019年3月28日 第2次補正予算法が成立、日系企業の要望も反映(パキスタン)
2019年1月30日 第2次補正予算案「経済改革計画」を発表(パキスタン)

経済動向

2019年11月29日 中銀、2019/2020年度のインフレ率を11~12%と予測(パキスタン)
2019年7月29日 特定品目輸入時に小売価格の表示が義務化、7月末まで特例措置も8月以降は不透明(パキスタン)
2019年6月20日 経済白書が発表、2018/2019年度のGDP成長率(暫定値)は3.3%(パキスタン)
2019年3月28日 第2次補正予算法が成立、日系企業の要望も反映(パキスタン)
2018年10月11日 パキスタン・ルピー安が進行、10カ月で26.7%下落(パキスタン)

日本との関係

日本との貿易(通関ベース)(億円)
日本の輸出(A)日本の輸入(B)収支(A-B)
20141,7083501,358
20152,0283141,714
20162,0982871,811
20172,6064842,122
20182,3163901,926
出所:財務省「貿易統計」よりジェトロ作成
日本の主要輸出品目輸送用機器(金額:1,036億円、構成比:44.8%)
※うち、中古乗用車が768億円(構成比:33.2%)
一般機械(400億円、17.3%)
鉄鋼(294億円、12.0%)
電気機器(193億円、8.4%)

備考:2018年
出所:同上
日本の主要輸入品目織物用糸および繊維製品(金額:86億円、構成比:22.0%)
元素及び化合物(有機化合物)(81億円、20.9%)
衣類および同付属品(70億円、18.0%)
石油・同製品(45億円、11.4%)
金属鉱及びくず(20億円、5.1%)

備考:2018年
出所:同上
日本企業の投資額
年度(7月~翌6月)投資額(単位:万ドル)
2013/14年度3,010
2014/15年度5,820
2015/16年度3,540
2016/17年度5,770
2017/18年度5,690
注:各年度は7月~翌6月、国際収支ベース、純流入額
出所:パキスタン中央銀行
日系企業進出状況企業数:74社
企業名:
【製造業】スズキ、トヨタ自動車、本田技研工業、日野自動車、ヤマハ発動機、デンソー、トヨタ紡織、GSユアサ、サンデン、伊藤忠丸紅鉄鋼、メタルワン、DIC、関西ペイント、日本ペイント、大塚製薬、味の素、ニプロ、YKKなど
【非製造業】三菱商事、三井物産、住友商事、伊藤忠商事、丸紅、豊田通商、双日、ホンダトレーディング、三菱東京UFJ銀行、オリックス、日本郵船、商船三井、飛島建設など

備考:2018年11月時点
出所:ジェトロ・カラチ事務所
在留邦人1,078人
出所:外務省「海外在留邦人数調査統計(平成30年要約版)」
経済団体・委員会日本・パキスタン経済委員会
二国間協定・文化協定
・租税条約
・友好通商条約
・航空協定
・投資保護協定

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。

マイリスト マイリストを開く 追加

閉じる

マイリスト
マイリスト機能を使ってみませんか?
ジェトロ・ウェブサイトのお好きなページをブックマークできる機能です。
ブックマークするにはお好きなページで追加ボタンを押してください。