概況

最終更新日:2017年06月22日

国・地域名ミャンマー連邦共和国 Republic of the Union of Myanmar
面積67万6,578平方キロメートル(日本の1.8倍)
人口5,148万人(2015年5月29日発表、出所:ミャンマー入国管理・人口省暫定発表)
首都ネーピードー
言語ミャンマー語、シャン語、カレン語、英語
宗教仏教(89.4%)、キリスト教(4.9%)、イスラム教(3.9%)、ヒンドゥー教(0.5%)など
項目 2016年
実質GDP成長率 6.30(%)
(備考:実質GDP成長率) 推定値
名目GDP総額 66.3(10億ドル)
(備考:名目GDP総額) 推定値
一人当たりの名目GDP 1,269(ドル)
(備考:一人当たりの名目GDP) 推定値
鉱工業生産指数伸び率
消費者物価上昇率 6.96(%)
失業率 4.00(%)
(備考:失業率) 推定値
輸出額 11,731.9(100万ドル)
(備考:輸出額) 通関ベース
対日輸出額 663.4(100万ドル)
(備考:対日輸出額) 通関ベース
輸入額 15,920.8(100万ドル)
(備考:輸入額) 通関ベース
対日輸入額 1,254.7(100万ドル)
(備考:対日輸入額) 通関ベース
経常収支(国際収支ベース) △2,011.7(100万ドル)
貿易収支(国際収支ベース、財) △3,717.0(100万ドル)
金融収支(国際収支ベース) △4,382.2(100万ドル)
直接投資受入額 11,118(100万ドル)
(備考:直接投資受入額) フロー、ネット
外貨準備高 4,619(100万ドル)
(備考:外貨準備高) 金を除く
対外債務残高 22,878(100万ドル)
政策金利 10.00(%)
(備考:政策金利) 期末値
対米ドル為替レート 1,234.87(チャット)
(備考:対米ドル為替レート) 期中平均値
政体大統領制、共和制
元首ティン・チョー大統領(Mr. Htin Kyaw)
議会制度二院制
議会概要(定員数、発足年、任期)議席数664
内閣(主要閣僚)
役職名前-日本語表記(名前-英語表記)
副大統領ミン・スエ(Mr. Myint Swe)
副大統領ヘンリー・ヴァン・ティオ(Mr. Henry Van Thio)
下院議長ウィン・ミン(Mr. Win Myint)
上院議長マン・ウィン・カイン・タン(Mr. Mang Win Khaing Than)

政治動向

2016年3月31日 NLDによるティンチョー政権発足-アウンサンスーチー氏は外相など4閣僚を兼任-(ミャンマー)
 3月30日、ティンチョー氏が国会で宣誓を行い新たな大統領に就任した。閣僚の所掌業務についても承認された。アウンサンスーチー氏は、外相、大統領府相、教育相、電力・エネルギー相の4閣僚を兼任する。国民の大きな期待を背に国民民主連盟(NLD)による新たな政権運営が始まった。
2016年3月11日 軍政終結後5年間で経済関係に大きな変化-日本とミャンマーの最新貿易状況-(ミャンマー)
 2011年の民政移管から5年が経過するミャンマー。国民は次期政権にさらなる変革を求めるが、テインセイン大統領が主導した改革により、この5年間でミャンマーが大きな変化を遂げたのも事実だ。日本とミャンマーの経済関係も大きく変わり、これまで縫製業が中心だった日本からの投資も、ティラワ経済特別区(SEZ)の開業とともに、さらなる業種の広がりが期待される。今回、アウンサンスーチー氏が率いる国民民主連盟(NLD)に政権委譲されるに当たり、現与党の連邦団結発展党(USDP)が成し遂げた改革の成果を、両国間の貿易を振り返りながら報告する。
2016年2月3日 ビエンチャン郊外で中国ラオス鉄道の定礎式(タイ、中国、ミャンマー、ラオス)
 中国ラオス鉄道の定礎式が首都ビエンチャン郊外で2015年12月2日に行われた。同鉄道は、東南アジア大陸部を縦断して中国雲南省昆明とシンガポールを結ぶ汎(はん)アジア鉄道(中央線区間)の一部になる。これとは別に、雲南省やタイ国内でも同鉄道建設に向けた動きが出始めている。
2015年12月17日 生産拠点や市場として有望なメコン地域3新興国(カンボジア、ミャンマー、ラオス)
 ジェトロは12月1日、カンボジア、ラオス、ミャンマー(CLM)に関する最新経済事情やビジネス上の課題についてのセミナーを東京で開催した。これらの3ヵ国は、GDP成長率も高く、生産拠点、市場として有望視されている。ただし、物流費、ガバナンスの問題などの障害もある。
2015年11月10日 総選挙、野党NLDの勝利が濃厚(ミャンマー)
 ミャンマーで11月8日、5年ぶりとなる総選挙が実施された。自由で公正な環境下で行われる総選挙としては1990年以来、25年ぶりだ。与党・連邦団結発展党(USDP)と最大野党・国民民主連盟(NLD)の一騎打ちとなる中、NLDの勝利が濃厚となっており、今後の動向が注目される。

経済動向

2017年9月15日 モディ首相がミャンマーを初訪問、支援策を表明(インド、ミャンマー)
インドのモディ首相が9月5~7日にミャンマーを初訪問し、首都ネピドーでアウンサンスーチー国家最高顧問と会談した。会談ではインド政府からミャンマーに対するさまざまな支援策が表明されたが、5月に中国・北京で開催された「一帯一路」国際協力ハイレベルフォーラムでは、中国からもミャンマーへの支援が伝えられており、今後、インドと中国による支援競争はさらに活発になりそうだ。
2017年9月5日 ラカイン州西岸部に新たな天然ガス田-豪ウッドサイド・エナジーが発見と発表-(ミャンマー)
経済成長を支える電力の不足が深刻なミャンマーで、オーストラリアのウッドサイド・エナジーが天然ガス田を発見した。国内で産出された天然ガスの8割は輸出されており、新たなガス田が国内のエネルギー不足の改善につながることが期待されている。
2017年8月22日 近海の新鮮な魚介類は大半がタイへ-ミャンマー南部の漁業の町メイッ-(ミャンマー)
ミャンマー南部に位置するタニンタリー管区のメイッ(Myeik)は、同管区内の最大都市だ。メイッの主要産業は水産加工業だが、タイから多くのバイヤーが魚介類の買い付けに来る。現地の様子を報告する。
2017年7月27日 航空機材関連の31品目は輸入ライセンスが不要に(ミャンマー)
商業省は6月21日、航空機材関連の31品目について、輸入ライセンスを不要とする通達(No.37/2017)を出した。ミャンマーでは航空便数が増加傾向にあり、国内の民間航空会社を中心に、航空機材関連製品の輸入ライセンスを免除するよう要望が高まっていた。今回の通達の対象に外国企業も含まれるかどうかは明らかになっていない。
2017年7月6日 優先投資10分野を発表、農業や電力関連など(ミャンマー)
ミャンマー投資委員会(MIC)は6月28日、投資を優先的に認可する10分野を発表した。2017年4月に本格運用されたミャンマー投資法の下で、ミャンマーの地場企業・外資企業を問わず投資をさらに活発化させたいとするミャンマー政府の意向がうかがえる。

日本との関係

日本との貿易(通関ベース)(100万ドル)
日本の輸出(A)日本の輸入(B)収支(A-B)
20121,258.37673.28585.09
20131,056.24756.94299.31
20141,186.11858.09328.02
20151,066.20864.48201.72
20161,033.62940.2893.34

出所:財務省「貿易統計」よりジェトロ作成
日本の主要輸出品目乗用車・トラックなど(66.7%)、建設機械など(8.4%)

備考:2016年、カッコ内は構成比、ドルベース

出所:財務省「貿易統計」
日本の主要輸入品目縫製品(布帛製品、ニット製品)(69.3%)、履き物(10.5%)、魚介類(5.9%)など

備考:2016年、カッコ内は構成比、ドルベース

出所:同上
対日貿易上の特徴および問題点特徴:特恵関税を利用した、衣類、靴などの労働集約型製品の輸出が多い。

問題点:輸出入ライセンスなど貿易管理上の制度が一部残っているが、テイン・セイン前政権以後、円滑化・自由化の方向で改善されている(輸出入ライセンスが免除された品目も多数あり)。
日本企業の投資件数と投資額件数:93件
金額:6億9,418万ドル

備考:認可ベース。1988年の外国投資解禁以降、2017年5月末までの累計。
日系企業進出状況企業数:351社

備考:ヤンゴン日本人商工会議所メンバー数、2017年5月末時点。
投資(進出)に関連した特長、問題点長所:
・勤勉、低廉、かつ豊富な労働力。特に縫製業では中国やベトナムに次ぐ候補地の1つとして注目される。
・日本向け特恵関税の活用
・豊富な天然資源(天然ガス、ヒスイ、農産物、水産物等)

短所:
・電力などインフラの未整備など。

(注)かつては欧米による経済制裁が課されていたが、2016年10月に全面解除された。
在留邦人2,315人(2016年10月1日現在)

出所:外務省「海外在留邦人数調査統計(平成29年要約版)」
二国間協定日・ミャンマー投資協定(2013年12月署名、2014年8月7日発効)

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。

マイリスト マイリスト一覧を開く マイリストに追加する

閉じる

マイリスト
マイリスト機能を使ってみませんか?
ジェトロ・ウェブサイトのお好きなページをブックマークできる機能です。
ブックマークするにはお好きなページで+ボタンを押してください。