概況・

基本

統計

最終更新日:2020年10月30日

一般的事項

国・地域名スリランカ民主社会主義共和国 Democratic Socialist Republic of Sri Lanka
面積6万5,610平方キロメートル(日本の0.17倍)
人口2,180万人(2019年央推計)出所:スリランカ中央銀行(Annual Report 2019)
首都スリ・ジャヤワルダナプラ・コッテ
言語シンハラ語、タミル語、英語
宗教仏教70.2%、ヒンドゥー教12.6%、イスラム教9.7%、キリスト教6.1% 出所:2012年センサス
公用語シンハラ語、タミル語

政治体制

政体共和制
元首ゴダバヤ・ラージャパクサ Gotabaya RAJAPAKSA(2019年1月大統領就任、任期5年)
議会制度一院制
議会概要(定員数、発足年、任期)225議席、2015年9月発足(任期5年)、2020年3月大統領の布告により解散、8月5日に総選挙を実施予定(2020年6月30日時点)
内閣(主要閣僚)
役職名前-日本語表記(名前-英字表記)
大統領ゴダバヤ・ラージャパクサ(Gotabaya RAJAPAKSA)
首相
(兼務:財務・経済・政策開発/仏教振興・文化・宗教問題/都市開発・上水道・住宅/コミュニティ・エンパワメント・農園インフラ開発相)
マヒンダ・ラージャパクサ(Mahinda RAJAPAKSA)
司法・人権・法改革相ニマル・シリパラ・デ・シルワ(Nimal Siripala de SILVA)
外務/技術開発・雇用・労働問題相ディネッシュ・グナワルダナ(Dinesh GUNAWARDENA)
漁業・水産資源相ダグラス・デェーワーナンダ(Douglas DEVANANDA)
女性・子供問題・社会保障/保健医療・伝統医療相パヴィットラ・デヴィ・ワンニアーラッチ(Pavithra Devi WANNIARACHCHI)
情報通信技術/高等教育・技術・技術革新相バンデューラ・グナワルダナ(Bandula GUNAWARDENA)
行政・内務・州評議会・地方政府相ジャナカ・バンダーラ・テンナコーン(Janaka Bandara TENNAKOON)
マハヴェリ(注)・農業・灌漑・農村開発/ 国内取引・食糧安全保障・消費者福祉相チャマル・ラージャパクサ(Chamal RAJAPAKSA)
教育/スポーツ・若者問題相ダラス・アラハッペルマ(Dullas ALAHAPPERUMA)
道路・幹線道路/湾港・船舶相ジョンストン・フェルナンド(Johnston FERNANDO)
中小企業・企業開発/産業・サプライチェーン管理相ウィマル・ウィーラワンシャ(Wimal WEERAWANSA)
運輸/電力・エネルギー相マヒンダ・アマラウィーラ(Mahinda AMARAWEERA)
環境・野生資源/土地・土地開発相S.M.チャンドラセナ(S.M. CHANDRASENA)
プランテーション産業・農業輸出相ラメッシュ・パチラナ(Ramesh PATHIRANA)
鉱業輸出・投資促進/観光・民間航空相プラサンナ・ラナトゥンガ(Prasanna RANATUNGA)

(注)マハヴェリとはスリランカの中央部から東部に向かって流れるスリランカ最長の河川
2020年6月30日時点

基礎的経済指標

現地通貨: スリランカ・ルピー

項目 2017年 2018年 2019年
実質GDP成長率 3.42(%) 3.21(%) 2.72(%)
(備考:実質GDP成長率) 推計値
名目GDP総額 88.0(10億ドル) 88.9(10億ドル) 86.6(10億ドル)
(備考:名目GDP総額) 推計値
一人当たりの名目GDP 4,104(ドル) 4,099(ドル) 3,947(ドル)
(備考:一人当たりの名目GDP) 推計値 推計値
鉱工業生産指数伸び率 n.a. n.a. n.a.
消費者物価上昇率 7.70(%) 2.14(%) 3.53(%)
失業率 4.20(%) 4.45(%) n.a.
輸出額 11,165(100万ドル) 11,626(100万ドル) 9,993(100万ドル)
(備考:輸出額) 通関ベース(FOB) 通関ベース(FOB) 通関ベース(FOB)
対日輸出額 207(100万ドル) 223(100万ドル) 176(100万ドル)
(備考:対日輸出額) 通関ベース(FOB) 通関ベース(FOB) 通関ベース(FOB)
輸入額 20,748(100万ドル) 22,199(100万ドル) 23,864(100万ドル)
(備考:輸入額) 通関ベース(CIF) 通関ベース(CIF) 通関ベース(CIF)
対日輸入額 1,039(100万ドル) 1,718(100万ドル) 1,849(100万ドル)
(備考:対日輸入額) 通関ベース(CIF) 通関ベース(CIF) 通関ベース(CIF)
経常収支(国際収支ベース) △2,309(100万ドル) △2,814(100万ドル) n.a.
貿易収支(国際収支ベース、財) △9,619(100万ドル) △10,343(100万ドル) n.a.
金融収支(国際収支ベース) △4,723(100万ドル) △2,074(100万ドル) n.a.
直接投資受入額 1,373(100万ドル) 1,611(100万ドル) n.a.
(備考:直接投資受入額) フロー、ネット フロー、ネット
外貨準備高 7,031(100万ドル) 6,100(100万ドル) 6,690(100万ドル)
(備考:外貨準備高) 金を除く 金を除く 金を除く
対外債務残高 60,561(100万ドル) 62,489(100万ドル) n.a.
政策金利 15.00(%) 15.00(%) 15.00(%)
(備考:政策金利) ディスカウント・レート ディスカウント・レート ディスカウント・レート
対米ドル為替レート 152.45(ルピー) 162.46(ルピー) 178.74(ルピー)
(備考:対米ドル為替レート) 期中平均値 期中平均値 期中平均値

10カ年統計エクセルファイル(18KB)

出所:

実質GDP成長率、名目GDP総額、一人当たりの名目GDP:IMF "World Economic Outlook Database"
消費者物価上昇率、失業率、経常収支、貿易収支、金融収支、直接投資受入額、外貨準備高、対外債務残高、政策金利、対米ドル為替レート:IMF "International Financial Statistics"
輸出入額、対日輸出入額:IMF "Direction of Trade Statistics"

日本との関係

日本との貿易(通関ベース)(100万ドル)
日本の輸出(A)日本の輸入(B)収支(A-B)
20151,169270899
2016697241457
2017877252624
20181,257274983
2019633333300

出所:ワールド・トレード・アトラスよりジェトロ作成
日本の主要輸出品目車両(鉄道以外)・同部品(87)
一般機械・同部品(84)
電気・電子機器・同部品(85)
ゴム製品(40)
光学機器・精密機器(90)

備考:2019年、カッコ内はHSコード
出所:同上
日本の主要輸入品目船舶(89)
コーヒー・茶・ココア・香辛料類(52)
衣類および同付属品(ニットを除く)(37)
衣類および同付属品(ニットに限る)(26)
ゴム製品(23)

備考:2019年、カッコ内はHSコード
出所:同上
日本企業の投資額2015年 840万ドル
2016年 3,000万ドル
2017年 4,600万ドル
2018年 1,900万ドル
2019年 3,183万ドル

備考:スリランカ投資庁(BOI)認可ベース
出所:スリランカ投資庁(BOI)
日系企業進出状況企業数:130社
企業名(日本本社名):湖北工業、YKK、ノリタケ、新日本空調、尾道造船、三菱商事、伊藤忠商事、日本通運など

備考:2016年7月時点
出所:ジェトロ・コロンボ事務所
投資(進出)に関連した特長、問題点経営上の問題点
1位 原材料・部品の現地調達の難しさ 66.7%(n=8)
2位 人材(一般ワーカー)の採用難 58.3%(n=7)
3位 従業員の賃金上昇 54.3%(n=19)
4位 品質管理の難しさ 50.0%(n=6)
4位 厳戒に近づきつつあるコスト削減 50.0%(n=6)

出所:ジェトロ『2019年度アジア・オセアニア進出日系企業実態調査』2019年11月
注:n=有効回答企業数
在留邦人804人(2018年10月1日現在)
出所:外務省「海外在留邦人数調査統計(令和元年版)」
経済団体・委員会日本・スリランカ経済委員会外部サイトへ

二国間協定・貿易取極
・二重課税防止条約
・投資保護協定
・航空協定

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。

  • 印刷する
  • Twitterにツイートする
  • Facebookでシェアする

閉じる

マイリスト
マイリスト機能を使ってみませんか?
ジェトロ・ウェブサイトのお好きなページをブックマークできる機能です。
ブックマークするにはお好きなページで追加ボタンを押してください。