知的財産ニュース 次世代英才起業家教育院の発展に向けた懇談会を開催

2022年7月1日
出所: 韓国特許庁

韓国特許庁と発明英才から発明CEOに!

「huemonelab(教育技術基盤スタートアップ)のチョ・ヒョンサン代表は、教育院(POSTECH)を通じて創業に大切なリーダーシップと挑戦する姿勢を学ぶことができたとし、これにより創業家の夢をしっかり固め、今も常に新しい挑戦に向かっていると述べた」

「Blinkers(ワイン投資プラットフォーム技術基盤スタートアップ)のパク・サンウク代表は、教育院(KAIST)を通じて工学技術者の夢から、人間の生活に貢献する起業家になるという新しい夢を見ることになり、10代時代の価値観と人格を教育院で育てたと述べた」

韓国特許庁は発明英才の早期発掘および発明CEO(※)への成長支援を強化するため、「次世代制裁起業家教育院懇談会」を6月30日(木曜)午前11時にプレジデントホテルで開催する。
※専門知識に基づいて常に発明し、事業化する創意・融合型知的財産(IP)人材

懇談会には、初期に教育院をリードした教授と教育院関係者および修了生代表が参加し、教育院の認知度の向上および修了生に対する持続的な成長支援に向けた体系的な教育方法など様々な意見を交換する予定である。

KAIST、POSTECHにそれぞれ設置・運営している次世代英才起業家教育院は、教育院別に毎年中学1~3年生(13~15歳)の発明英才を80人選抜し、2年間発明・知的財産教育のほか起業家精神、未来技術、人文学、コミュニケーション技術などオン・オフラインを通じた教育を提供している。

2009年から13年間、教育院を終了した修了生1,200人は、知的財産権出願4,600件、スタートアップ創業60社、大韓民国人材賞受賞者40人など目覚ましい実績を残し、社会に進出した修了生の一部は発明に基づいて成功した青年企業家として活発に活動するなど、目を見張る成果を上げている。

懇談会では2020年末立ち上げた「修了生間ネットワーク(ACCEL)」(※)の安定のために、「修了生間ネットワーク(ACCEL)」の会長団に感謝状を渡し、次世代英才起業家教育院の修了生であるチョ・ヒョンサン代表とパク・サンウク代表を「修了生間ネットワーク(ACCEL)」の広報大使として任命する予定である。
※教育院修了生が創業エコシステムと人的支援の基盤を構築するために立ち上げた自主的な組織(Alumni of Center for Creative Entrepreneur Leaders)

韓国特許庁の産業財産政策局長は「次世代英才起業家教育院を終了した発明英才が社会に進出し、発明に基づいて様々な分野で活発に活動していることを嬉しく思う」とし、「特許庁は成長の可能性が豊富な発明英才が創造的なアイデアと発明を通じて生活を変え、社会に貢献して韓国を代表する「発明CEO」になれるように努める」と述べた。

ジェトロ・ソウル事務所知的財産チーム

ジェトロ・ソウル事務所 知的財産チームは、韓国の知的財産に関する各種研究、情報の収集・分析・提供、関係者に対する助言や相談、広報啓発活動、取り締まりの支援などを行っています。各種問い合わせ、相談、訪問をご希望の方はご連絡ください。
担当者:土谷、柳(ユ)、申(シン)、李(イ)
E-mail:kos-jetroipr@jetro.go.jp
Tel :+82-2-3210-0195