1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. アジア
  4. 韓国
  5. 知的財産に関する情報
  6. 知的財産ニュース
  7. 特許庁、2020年腐敗行為防止の施策評価で「最優秀」機関に選定

知的財産ニュース 特許庁、2020年腐敗行為防止の施策評価で「最優秀」機関に選定

2021年1月28日
出所: 韓国特許庁

中央部処を含む263の公共機関のうち、最高等級

韓国特許庁は、2020年の公共機関を対象にした腐敗行為防止の施策評価で「最優秀」等級(1等級)を達成したと発表した。

「最優秀」の評価結果は、中央部処を含む263の公共機関の中で最高等級に該当するもので、特許庁は、ここ2年間連続で(2018~2019年)「優秀」等級を取得し、2021年には施策評価を受けてから初めて「最優秀」機関に選ばれた。

腐敗行為防止の施策評価は、公共機関が自ら推進している反腐敗防止の活動との、成果を評価して清廉度を向上させるための制度であり、国民権益委員会の主管で毎年実施され、2020年度には中央部処、自治体、公職関連団体など263機関を対象に評価を行った。

特許庁は今回の評価で、反腐敗行為の推進政策、清廉政策への参加拡大、腐敗行為防止制度の運営など、7つの全分野で他の機関よりも優秀であると評価された。

特に、積極的に反腐敗政策を推進しようとする意志に加え、独自の腐敗行為において脆弱な分野に対する分析結果に基づいて推進した、弁理士の斡旋を禁止する行動綱領の改正、利害の対立を防ぐための審査回避制度の導入、特許庁のサークルに退職者の参加を許可しないなどの、固有の清廉政策が具体性や実効性の面で効果的な政策であると高い支持を得ている。

特許庁長は、「新型コロナウイルスにより、政策推進に多くの制約があったが、全職員の高い関心と積極的な参加により一緒に努力した結果、腐敗行為防止の施策評価で最優秀等級を達成することができた」とし、「2021年度も公正を最高の価値にして、国民に信頼される特許庁になるように最善を尽くしていきたい」と述べた。

ジェトロ・ソウル事務所知的財産チーム

ジェトロ・ソウル事務所 知的財産チームは、韓国の知的財産に関する各種研究、情報の収集・分析・提供、関係者に対する助言や相談、広報啓発活動、取り締まりの支援などを行っています。各種問い合わせ、相談、訪問をご希望の方はご連絡ください。
担当者:土谷、曺(チョウ)、柳(ユ)
E-mail:kos-jetroipr@jetro.go.jp
Tel :+82-2-3210-0195