知的財産ニュース 2018生活発明コリアが開催される

2018年11月23日
出所: 韓国特許庁

韓国特許庁が主催し、韓国女性発明協会が主管する「2018生活発明コリア」の公開審査および授賞式が行われ、今年の最高の「アイデアウーマン」にキム・ナヨンさんが選ばれた。キム氏は「幼児用ポータブル冷蔵薬ケース」を発明し、大統領賞と1千万ウォンの発明奨励金を受賞することになった。 11月23日(金曜)午後2時、ソウルのCOEX会議室で開催されたイベントは、アイデアを提案した25人が舞台に上がって競合プレゼンテーションをする公開オーディション形式で行われた。

大統領賞を受けた「幼児用ポータブル冷蔵薬ケース」は、冷蔵保存が必要な抗生物質の入ったシロップを保育士が安全に管理することができる。また、保護者と保育士とで正確な情報伝達をすることで、服薬事故を防ぐ薬ケースであり、独創性と実用性などが認められ、高得点を獲得した。

国会議長賞は「靴コンディショナー」が、国務総理賞は「レイン・ブラインド」が受賞した。

科学技術情報通信部長官賞は「車のキーなしで車のドアを制御する装置」、産業通商資源部長官賞は「自ら学習する英語ブロック」、保健福祉部長官賞は「防火扉用ドアロック」、女性家族部長官賞は「光の剣」、中小ベンチャー企業長官賞は子供用のフィルタ交換マスク」がそれぞれ受賞した。

女性の創造的な想像を現実にする「生活発明コリア」は、生活の中で感じる不便さを解決するアイデアを発掘し、知的財産権を創出して女性の起業と雇用創出を支援する事業である。2014年に始まり、今年で5回目を迎えた生活発明コリアは、創造的な女性が発明活動を開始する足がかりである同時に、女性起業家に成長させるプラットフォームとして位置づけられている。

今年は計1,409件のアイデアが受け付けられ、約37:1の高い競争率を勝ち抜いた39件が支援対象作に選ばれた。特許庁は支援対象作について特許出願、試作品製作、専門家のコンサルティングなど、さまざまな特典を付与した。

特許庁産業財産政策局の局長は「女性は繊細な感性と家事・育児などの経験があるため、発明に非常に有利である」とし、「周りの「アイデアウーマン」のアイデアが起業や雇用創出などの経済活動につながるよう、積極的に支援していきたい」と述べた。

ジェトロ・ソウル事務所知的財産チーム

ジェトロ・ソウル事務所 知的財産チームは、韓国の知的財産に関する各種研究、情報の収集・分析・提供、関係者に対する助言や相談、広報啓発活動、取り締まりの支援などを行っています。各種問い合わせ、相談、訪問をご希望の方はご連絡ください。
担当者:浜岸、曺(チョウ)、柳(ユ)
E-mail:kos-jetroipr@jetro.go.jp
Tel :+82-2-3210-0195

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。

マイリスト マイリストを開く 追加

閉じる

マイリスト
マイリスト機能を使ってみませんか?
ジェトロ・ウェブサイトのお好きなページをブックマークできる機能です。
ブックマークするにはお好きなページで追加ボタンを押してください。