1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. アジア
  4. 韓国
  5. 知的財産に関する情報
  6. 知的財産ニュース
  7. 特許庁、日本に海外知識財産センターを開所

知的財産ニュース 特許庁、日本に海外知識財産センターを開所

2015年7月15日
出所: 韓国特許庁

5067

韓国特許庁は、対韓貿易投資振興公社(KOTRA)と共同で、7月15日午前11時、東京貿易館にて、韓国企業の知財権保護支援を担当する海外知識財産センター(以下IP-DESK)の開所式を行ったと発表した。

日本は、韓国企業の進出が活発化しており、輸出額では、中国、米国に続き3番目に大きい国だ。日本国内における韓国企業の特許訴訟も、過去5年間で52件が発生する等、米国、ドイツの次に知財権紛争が頻繁に起きており、韓国企業の間でIP-DESK設置へのニーズが上がっていた。

※2014年度 韓国企業の輸出額上位3カ国(韓国貿易協会貿易統計)
1位:中国(145,288万ドル)、2位:米国(70,285万ドル)、3位:日本(32,184万ドル)

東京は、日本の首都であると同時に経済中心地であり、日本に進出した韓国企業の65%が拠点を構えていることから、韓国企業の現地支援強化とアクセス等を考慮して東京貿易館内にIP-DESKを設置した。

東京IP-DESKは、韓国企業による商標及びデザイン出願等の権利確保の支援や知財権情報の提供、専門家相談等、様々なサービスを提供することで、韓国企業の知財権紛争の予防・対応活動に行う予定だ。

特許庁のクォン・オジョン産業財産保護協力局長は「東京IP-DESKの開所は、日本に進出している韓国企業の知財権保護能力を一層強化させるきっかけとなると思う」とし、「韓国企業には、知財権競争力の強化に向け、同IP-DESKを各社の知財権担当部署のように考え、積極的に活用してもらいたい」と述べた。

一方、特許庁はKOTRAと共同で、日本を含め中国(北京、上海、廣州、靑島、瀋陽)、タイ(バンコク)、ベトナム(ホーチミン)、米国(ロサンゼルス、ニューヨーク)、ドイツ(フランクフルト)等の6カ国11カ所にIP-DESKを設置・運営しており、韓国企業の海外現地における知財権保護を支援している。

ジェトロ・ソウル事務所知的財産チーム

ジェトロ・ソウル事務所 知的財産チームは、韓国の知的財産に関する各種研究、情報の収集・分析・提供、関係者に対する助言や相談、広報啓発活動、取り締まりの支援などを行っています。各種問い合わせ、相談、訪問をご希望の方はご連絡ください。
担当者:浜岸、曺(チョウ)、柳(ユ)
E-mail:kos-jetroipr@jetro.go.jp
Tel :+82-2-3210-0195

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。

  1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. アジア
  4. 韓国
  5. 知的財産に関する情報
  6. 知的財産ニュース
  7. 特許庁、日本に海外知識財産センターを開所

マイリスト マイリストを開く 追加

閉じる

マイリスト
マイリスト機能を使ってみませんか?
ジェトロ・ウェブサイトのお好きなページをブックマークできる機能です。
ブックマークするにはお好きなページで追加ボタンを押してください。