1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. アジア
  4. 韓国
  5. 知的財産に関する情報
  6. 知的財産ニュース
  7. USPTO、アップルの「予測変換の特許」に関する一部請求を棄却

知的財産ニュース USPTO、アップルの「予測変換の特許」に関する一部請求を棄却

2014年8月10日
出所: 電子新聞

4700

米国特許商標庁(USPTO)がアップルの予測変換特許の一部請求項を棄却したことが明らかになった。

10日、ドイツの特許専門ブログであるFoss Patentsによると、USPTOはアップルが保有している文字の予測変換特許(いわゆる172特許、米特許番号8,074,172)の一部請求項を棄却した。

文字の予測変換特許は、スマートフォンで文字を入力する際、ユーザーの意図を把握し、適切な単語を表示してくれる機能のこと。同機能を利用すれば最後まで打たなくても入力したい単語が完成する上、誤字も少なくなる。

今回USPTOが棄却した請求項の中には、アップルとサムスン電子間の米国内における第2次訴訟でサムスン電子が侵害したと暫定判断されている「請求項18番」も含まれている。

同請求項が棄却されたのは、アップルの特許申請以前に先行技術があったという点が原因だと見られている。この事実は、サムスン電子が米カリフォルニア連邦北部地裁サンノゼ支部に提出した文書を通じて確認された。

両社の訴訟を担当しているルシーコ判事は、今年1月、サムスン電子が172特許の該当請求項部分を侵害したという略式判決を出した。

サムスン電子が侵害したとされた請求項をUSPTOで無効化したことで、両社の第2次訴訟にも多少の変化が生じると見られている。

米内の第2次訴訟については、既に陪審員団の評決が出されている状況であるため、サムスン電子はJMOL(Judgment as a matter of law、陪審の評決と異なる判決)を申し立てるなど、USPTOの決定を法律的に積極活用する見通しだ。

今年5月、両社の米内の第2次訴訟において陪審員団は、サムスン電子がアップルに支払う賠償金額として1億1,962万5千ドル(約1,232億ウォン)を策定した。

このうち、172特許の請求項18番の侵害による損害賠償額は1,794万3,750ドルである。

リュ・キョンドン記者

ジェトロ・ソウル事務所知的財産チーム

ジェトロ・ソウル事務所 知的財産チームは、韓国の知的財産に関する各種研究、情報の収集・分析・提供、関係者に対する助言や相談、広報啓発活動、取り締まりの支援などを行っています。各種問い合わせ、相談、訪問をご希望の方はご連絡ください。
担当者:浜岸、曺(チョウ)、柳(ユ)
E-mail:kos-jetroipr@jetro.go.jp
Tel :+82-2-3210-0195

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。

  1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. アジア
  4. 韓国
  5. 知的財産に関する情報
  6. 知的財産ニュース
  7. USPTO、アップルの「予測変換の特許」に関する一部請求を棄却

マイリスト マイリストを開く 追加

閉じる

マイリスト
マイリスト機能を使ってみませんか?
ジェトロ・ウェブサイトのお好きなページをブックマークできる機能です。
ブックマークするにはお好きなページで追加ボタンを押してください。