1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. アジア
  4. 韓国
  5. 知的財産に関する情報
  6. 知的財産ニュース
  7. サムスン電子‐MSの特許紛争、国際仲裁裁判に

知的財産ニュース サムスン電子‐MSの特許紛争、国際仲裁裁判に

2014年10月8日
出所: デジタルタイムズ

4747

世界有数のスマートフォン・メーカのサムスン電子と有名ソフトウェア企業のマイクロソフト(MS)による特許料紛争が国際仲裁裁判の展開となった。

サムスン電子がMSを相手取って国際商業会議所(ICC)の国際仲裁裁判所香港裁判所に仲裁を申し立てた。これは、MSがサムスン電子を相手に今年8月、米ニューヨークのマンハッタンにあるニューヨーク南部連邦地方裁判所に特許料支払い要求訴訟に関する書類が公開されたことで明らかになった。

サムスン電子は、仲裁場所として香港を選択した理由は公開していない。これについてMSは、「両社は、事業共助協約に対する解釈を下すに最適な場所がニューヨークだという点に合意し、その内容を契約書に明示している」との立場を表明した。

サムスン電子は、2011年9月、MSと知的財産権の使用権契約を締結し、アンドロイドOSのスマートフォンやタブレット型端末機を生産する度、特許料を支払ってきた。しかし、去年9月にMSがノキアを買収したことで、サムスン電子はMSの契約違反を主張して特許料の支払いを中断した。その後、サムスン電子は、滞納された特許料は支払ったものの、支払いの遅れによる利子は支払っていない。

昨年、サムスン電子がMSに支払った特許料は、約10億ドル(約1兆600億ウォン)。MSは8月の訴訟を通じて、サムスン電子の特許料滞納による利子が690万ドルに上っており、その支払いをサムスン側に要求する一方で、ノキアの携帯電話とサービス事業部の買収がサムスン電子と締結した知的財産権の使用権契約を違反するものか否かの判断を裁判所に要請した。

香港国際仲裁センターのチョン・ソンファ弁護士は、「サムスン電子とMSがICC機関の仲裁に合意すれば、今後の仲裁手続は、ICC規則に基づいてサムスン電子が仲裁申し立てをした7日から30日以内にMSが答弁書を提出することから始まる。その後、追加書類の交換ができ、ICC規則に基づいて構成された仲裁判定部により、本格的な仲裁が行われる」と述べた。

チョン・ミナ記者

ジェトロ・ソウル事務所知的財産チーム

ジェトロ・ソウル事務所 知的財産チームは、韓国の知的財産に関する各種研究、情報の収集・分析・提供、関係者に対する助言や相談、広報啓発活動、取り締まりの支援などを行っています。各種問い合わせ、相談、訪問をご希望の方はご連絡ください。
担当者:浜岸、曺(チョウ)、柳(ユ)
E-mail:kos-jetroipr@jetro.go.jp
Tel :+82-2-3210-0195

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。

  1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. アジア
  4. 韓国
  5. 知的財産に関する情報
  6. 知的財産ニュース
  7. サムスン電子‐MSの特許紛争、国際仲裁裁判に

マイリスト マイリストを開く 追加

閉じる

マイリスト
マイリスト機能を使ってみませんか?
ジェトロ・ウェブサイトのお好きなページをブックマークできる機能です。
ブックマークするにはお好きなページで追加ボタンを押してください。