1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. アジア
  4. 韓国
  5. 知的財産に関する情報
  6. 知的財産ニュース
  7. アップルのデザイン独占権を認め、議論が広がる

知的財産ニュース アップルのデザイン独占権を認め、議論が広がる

2012年8月26日
出所: デジタルタイムズ

3697

米国の陪審員団「一方的なアップルの勝利」評決
サムスンの特許技術は認めず…直ちに控訴する方針
韓国・イギリス・ドイツとは相反する判決「波紋」

米国の陪審員が米国時間の24日、サムスンとアップル間で繰り広げられてきた特許合戦において、アップルの一方的な勝利を宣言して衝撃を与えている。「角丸長方形」をはじめ、アップルが求めたデザイン権特許権をすべて認める一方、サムスンの通信特許技術は、1つも認めなかった。米国でのこうした評決は、イギリスやドイツ、オランダはもちろん、韓国の判決とは相反する内容であり、議論が広がっている。サムスン電子は、陪審員の評決に納得がいかないとして、判決と結論が同じである場合、直ちに控訴する計画だという姿勢を明らかにした。

米国カリフォルニア州のサンノゼ裁判所のコウ・ルーシー裁判官は、この日、9人の陪審員から全会一致で合意された評決内容を渡され、発表した。陪審員団は、サムスン電子がアップルのデザインとソフトウェア関連特許を侵害したとして10億4939万ドル(1兆2000億ウォン)の賠償金をアップルに支払うことを命じた。

陪審員団は、サムスン電子の「ギャラクシーS」、「ギャラクシーS2」、「ギャラクシー・ネクサス」などのスマートフォンが、画面端部までスクロールさせた際、少し画面をスクロールアップする機能(スクリーンバウンスバック)、スクロールやマルチタッチ・ズーム、ナビゲート関連特許を侵害したと判断した。一部の商品については、黒色の表側と表のベゼル、アイコンなどのデザイン特許3件も侵害したと補足した。ただ、「ギャラクシー・Tab10.1」は、アイパッドのデザイン特許を侵害していないと判断した。

一方、陪審員は、サムスンが提起した移動通信標準と各種のモバイル特許技術については、アップルが特許を侵害していないため、アップルがサムスンに支払う賠償金は全くないと評決した。コウ裁判官は、陪審員の評決に基づき、1か月以内に確定判決を言い渡すことになる。しかし、米国裁判の特徴上、評決が覆る可能性はほぼ「ゼロ」に近い。

そのため、技術独占主義と保護貿易主義など、IT産業界に悪影響を及ぼしかねないと思われている。特に、アップルとアンドロイド間、世界スマートフォン生態系へのダメージは避けられない。

この日、米国陪審員の評決が韓国と欧州での判決に比べ、アップルのデザイン独占権を全面的に認めてしまったということで大きな議論となっている。特に、サムスン電子の一部商品に対し侵害したものとの主張がなされている「角丸長方形」デザインと、マルチタッチ技術は、市場に出されているスマートフォンの大半が採用しているため、アップルの特許権独占は認めるべきではないというのが一般的な見方だ。サムスン電子はもちろん、欧州のメディアも今回の判決を批判した。競争を通じて発展していくべき「スマート生態系の革新」が陪審員の評決で後戻りしてしまうという懸念を示したのだ。

米スタンフォード大学のマーク・レムリー(Mark A. Lemley)教授は、「市場に根差したアンドロイドスマートフォンの生態系のエンジンを喪失させるほどの強力な販売差止め命令が下されるかが重要」との懸念を表明した。イギリスのガーディアン紙も「今回の評決における最大の敗者は、技術市場そのものである」と述べた。比較的アップル寄りだったウォール・ストリート・ジャーナルも「アップルの勝利は、アンドロイドOSを採用しているスマートフォン業界全体に脅威となる」と懸念を表明した。

一方、ソウル地方裁判所は、米国で評決がなされる前日の24日、アップルのアイフォンとアイパッドがサムスン電子の通信特許2件を侵害したと認めたが、アップルが求めたデザイン特許権の侵害は全て退けた。今回の判決でアップルは、韓国でアイフォン、アイパッドシリーズを販売するためには、通信特許権を持つサムスンと交渉を行なわなければならない。

イギリスの裁判所は、先月、アップルに対し、サムスン電子がアップルの商品を模倣していないことを広告するよう命じている。

朴ジソン記者、金ユジョン記者

ジェトロ・ソウル事務所知的財産チーム

ジェトロ・ソウル事務所 知的財産チームは、韓国の知的財産に関する各種研究、情報の収集・分析・提供、関係者に対する助言や相談、広報啓発活動、取り締まりの支援などを行っています。各種問い合わせ、相談、訪問をご希望の方はご連絡ください。
担当者:浜岸、曺(チョウ)、柳(ユ)
E-mail:kos-jetroipr@jetro.go.jp
Tel :+82-2-3210-0195

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。

  1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. アジア
  4. 韓国
  5. 知的財産に関する情報
  6. 知的財産ニュース
  7. アップルのデザイン独占権を認め、議論が広がる

マイリスト マイリストを開く 追加

閉じる

マイリスト
マイリスト機能を使ってみませんか?
ジェトロ・ウェブサイトのお好きなページをブックマークできる機能です。
ブックマークするにはお好きなページで追加ボタンを押してください。