知的財産に関する情報(The Daily NNA【韓国版】より)韓国特許庁の新型コロナウイルス対策

2020年07月08日

The Daily NNA【韓国版】掲載(File No.141)
韓洋国際特許法人
姜錫勳(カン・ソクフン)弁理士(特許)、李智瑛(イ・ジヨン)弁理士

韓国のグローバル企業は、特許、デザイン(意匠)、商標の各分野で自社の知財戦略を立て、グローバル出願を行っています。この度、「韓国グローバル企業の知財動向調査」(特許庁委託事業)を実施し、これらグローバル企業がどのような戦略を用いて、海外の知的財産権を確保しているのかについて調査しましたので、その概略をご紹介します。

1.特許出願動向

サムスン電子
最近5年間(2014~2018.6)の韓国国内の出願件数が、年々減少する一方、国内出願の95%以上を基礎として海外出願を行っており、特許権の量的成長から質的成長戦略に転換していることが分かります。また、伝統的な強みを持つ半導体分野の出願の割合を高く維持しながらも、最近強化している新事業分野である自律走行、ホログラム、フレキシブルディスプレイ分野の出願が急増しています。
LG電子
最近の携帯電話分野での苦戦を反映するかのように、携帯電話分野の出願件数が急落しており、5Gなど通信システム分野の海外出願の割合が大きくなっています。また、電池、ロボット、自律走行分野などの新技術関連その他の分野の出願の割合が、従来の移動/情報機器出願の割合を超えており、事業ポートフォリオの転換が予測されます。
LG化学
最近、世界的に化学、バイオ分野の重要性が高まっていることを反映して、活発に国内外の特許権確保に乗り出しています。また、伝統的な石油化学分野の出願の割合が減少する一方で、自動車用2次電池とIT製品関連の出願の割合が増加しており、これに関連して、中国出願の割合も増加しています。
現代自動車
他のグローバル企業と比べて、PCT(国際特許)出願の活用率が極めて低く、ターゲット国に特化した技術を特定の国を中心に出願していることを示しています。例えば、日本の場合は他の国と比べて、水素自動車の出願比率が高く、これを反映するかのように、最近水素自動車モデルを使用して、日本市場に再進出しています。
ポスコ
PCT出願が4年間で3倍以上増加するなど、海外の特許権確保に積極的に乗り出しており、その中で、中国出願の割合が他の国をはるかに圧倒しています。また、ポスコは海外出願のほとんどをPCTを通じて出願しており、熱延、厚板、線材など、様々な技術分野で均一に出願が行われています。

2.意匠出願動向

サムスン電子
家電機器よりも移動/情報機器を中心に意匠出願が行われていますが、2016年以降は全般的に出願件数が減少しています。また、欧州、米国では年間通常500件以上意匠出願を行っていますが、日本での意匠出願件数は年間100件未満と、それほど多くありません。海外意匠出願の際には、ハーグ(国際意匠)出願を多く活用しており、2017~2019年では第1位でした。
LG電子
移動/情報機器よりも家電機器の意匠出願が多く、欧州、米国では年間通常300件以上の多くの出願をしていますが、日本では、年間150件未満と多くありません。海外意匠出願の際、ハーグ出願を多く活用しており、2017~2019年では第3位でした。
現代自動車
現代自動車は、中国に年間100件以上の意匠出願をしていますが、日本では意匠出願をほとんどしていません。2017年以降、欧州での出願が100件以上へと増加しました。海外意匠出願の際、ハーグ出願を多く活用しており、2017年~2019年では第50位でした。

3.商標出願動向

CJ
韓国の代表的な食品企業で、海外主要国の中で、中国には年間50~100件と比較的多くの商標出願を行っていますが、日本、米国および欧州での商標出願件数は、年間50件未満と多くはありません。
LG生活健康
韓国の代表的な化粧品および生活用品企業で、年間1,000件以上韓国国内で商標出願を行っていますが、米国、日本、欧州での海外出願は活発ではありません。海外の主要国の中では、中国での商標出願が最も多く、年間300件程度です。
アモーレパシフィック
韓国の代表的な化粧品企業で、年間500件~1,000件ほど、韓国国内で商標出願を行っていますが、米国、日本、欧州での海外出願は活発ではありません。主要国の中で、中国での商標出願が最も多く、年間200件以上出願しています。

「韓国グローバル企業の知財動向調査」の報告書は、ジェトロ韓国知財ウェブサイト新しいウィンドウで開きますに掲載していますので、是非ご覧ください。

今月の解説者

韓洋国際特許法人 姜錫勳(カン・ソクフン)弁理士(特許)、李智瑛(イ・ジヨン)弁理士(デザイン・商標)
(監修:日本貿易振興機構(ジェトロ)ソウル事務所知的財産チーム)

どうなる韓国 新・知財最前線は今

本記事はジェトロが執筆あるいは監修し、The Daily NNA【韓国版】に掲載されたもので、株式会社エヌ・エヌ・エーより掲載許諾をとっています。

ジェトロ・ソウル事務所知的財産チーム

ジェトロ・ソウル事務所 知的財産チームは、韓国の知的財産に関する各種研究、情報の収集・分析・提供、関係者に対する助言や相談、広報啓発活動、取り締まりの支援などを行っています。各種問い合わせ、相談、訪問をご希望の方はご連絡ください。
担当者:土谷、曺(チョウ)、柳(ユ)
E-mail:kos-jetroipr@jetro.go.jp
Tel :+82-2-3210-0195