日本からの輸出に関する制度水産物の輸入規制、輸入手続き

インドの輸入規制

1. 輸入禁止(停止)、制限品目(放射性物質規制等)

調査時点:2018年9月

日本からインドへ輸出する0302類、0303類の水産物に対する輸入規制は、ふかひれのみ輸入禁止項目に指定されており、その他の水産物に規制は特にありません。なお、0305類に属する乾物のふかひれについては、輸入禁止項目になっていません。

2. 施設登録、商品登録、輸入許可等(登録に必要な書類)

調査時点:2018年9月

1. 日本からの輸出に必要な手続き

インド向けに水産物を輸出するには、最終加工施設(単なる保管を除く)の施設登録と衛生証明書の提出が必要です。施設登録および衛生証明書についての詳細は、厚生労働省のウェブサイト「対インド輸出水産食品」で確認してください。
また、衛生証明書の取得にあたって、輸出する品目やその加工処理方法などにより、食品衛生に係る証明のみが必要な場合と、食品衛生および動物衛生に係る証明が必要な場合があります。同じ魚種でも、その由来(天然か養殖か)や加工処理方法(生鮮、冷蔵、冷凍、加熱、内臓や頭・殻などの除去)によって、衛生証明書の発行申請手続きが異なります。詳細は農林水産省「インド向け輸出水産食品の取扱いについて」で確認してください。

2. インドへの輸入に必要な手続き

水産物を輸入するためには、インド商工省商務局・外国貿易部が管轄する輸出入業者コード(Importer-Exporter Code:IEC)とインド食品安全基準局(FSSAI)発行のライセンスの取得が必要です。IECの申請は、インド商工省商務局・外国貿易部ウェブサイトよりオンラインまたは各管轄地域のインド商工省商務局・外国貿易部事務所で行えます。IECを申請した後、2営業日以内に許可の可否が通知されます。輸入制限品目のライセンス取得については、各管轄地域のインド商工省商務局・外国貿易部事務所に申請します。FSSAIのライセンス取得には事業地域の担当官(Central Licensing Authority)への申請が必要です。

3. 動植物検疫の有無

調査時点:2018年9月

1. 輸出時(日本)

日本からインドに水産物を輸出するには、前述のとおり衛生証明書が必要ですが、輸出する品目やその加工処理方法などにより、衛生証明書に加え動物衛生に係る証明も必要な場合があります。同じ魚種でも、その由来(天然か養殖か)や加工処理方法(生鮮、冷蔵、冷凍、加熱、内臓や頭・殻などの除去)によって、衛生証明書の発行申請手続きが異なるため、農林水産省のウェブサイト「インド向け輸出水産食品の取扱いについて」で確認してください。

2. 輸入時(インド)

日本からインドに水産物を輸入するには、インドでの動物検疫証明書が必要です。動物検疫証明書の申請は、インド農業省畜産酪農・漁業局に行います。申請に必要な書類は次のとおりです。

  1. インド商工省商務局・外国貿易部発行のライセンス(IECコード)およびインド農業省畜
  2. 関税局からの税関申告書(Bill of entry with Custom reference
  3. 日本側からの衛生証明書(Official health certificate from the country of origin
  4. 日本側からの原産地証明書(Country of origin certificate.
  5. ラボラトリーレポート(OIEが定める疾病およびインド基準の微生物検査証明書。検査場所はコチ検疫所で取得期間は7~12日間)
  6. 関税局が包装したサンプリング(必要な場合)
  7. 宣誓書(Undertaking Letter
  8. 貨物航空券控え
  9. 委任状(Authorization Letter、オーナーが直接関与しない場合)

日本側からの衛生証明書原本は貨物到着時の目視確認、最終通関、検疫時に必要です。また、提出書類すべてにサイン権限者の署名が必要で、日本側の衛生証明書に記載されている貨物発送人および受取人の名前、住所などの情報はインド側のライセンスおよび衛生証明書の内容と合致していなければなりません。

この情報はお役に立ちましたか?

役立った

役立たなかった

マイリスト マイリストを開く 追加

閉じる

マイリスト
マイリスト機能を使ってみませんか?
ジェトロ・ウェブサイトのお好きなページをブックマークできる機能です。
ブックマークするにはお好きなページで追加ボタンを押してください。