日本からの輸出に関する制度

コメの輸入規制、輸入手続き

中国の輸入規制

1. 輸入禁止(停止)、制限品目(放射性物質規制等)

調査時点:2018年8月

東京電力福島第一原子力発電所事故の影響により、宮城、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、新潟、長野(10都県)で生産されたコメは輸入停止中です。10都県以外で生産されたコメについては、政府作成の産地証明書が要求されます。詳細は農林水産省のウェブサイト「中国向け輸出証明書等の概要について」を確認してください。

また日本から中国へのコメの輸入にあたり、精米のみ産地証明書様式・輸入検疫条件が提示されており、籾・玄米の輸出はできない状況です。

2. 施設登録、商品登録、輸入許可等(登録に必要な書類)

調査時点:2018年8月

コメの輸入にかかわる業者として、海外の生産、加工、貯蔵業者、輸出業者、中国の輸入業者が挙げられます。中国の関連法令に基づき、輸出業者および輸入業者は法令に従い一定の手続きを履行し、資格を取得しなければなりません。

1. 海外輸出業者・代理業者届出

「輸出入食品安全管理弁法」第4条に基づき、海外の輸出業者または代理業者は海関総署に届出をしなければなりません。

2. 輸入業者届出

届出先 輸入業者の工商登録登記地にある検査検疫機関
主な提出書類 輸入業者はその輸入前に届出を申請し、次の書類を提出しなければならない。
  1. 記入済みの届出申請表
  2. 営業許可証、組織機構コード証、法定代表者証明、対外貿易経営者届出登記表などの写し
  3. 企業品質安全管理制度
  4. 食品安全に関する設置組織機構、部門機能および職場の職責
  5. 取扱予定の食品の種類、貯蔵場所
  6. 2年以内に食品の輸入、加工および販売に携わったことがある場合、関連説明(食品品種、数量)
  7. 自ら検査申告を行う場合、自己検査申告単位届出証明書の写し
輸入業者は、前述の紙媒体の書類を提出した後、届出管理システムにおいて届出申請表を記入、提出することにより、輸入業者の名称、住所、担当者氏名、電話番号、取扱食品の種類、記入者の氏名、電話番号および承諾書などの情報を提供しなければならない

3. 動植物検疫の有無

調査時点:2018年8月

コメ(精米)は、二国間合意による条件を満たすことが必要です。主な条件は、指定精米工場での精米および包装、登録くん蒸倉庫でのリン化アルミニウムくん蒸、輸送コンテナの消毒です。

この情報はお役に立ちましたか?

役立った

役立たなかった

ご相談・お問い合わせ

マイリスト マイリストを開く 追加

閉じる

マイリスト
マイリスト機能を使ってみませんか?
ジェトロ・ウェブサイトのお好きなページをブックマークできる機能です。
ブックマークするにはお好きなページで追加ボタンを押してください。