日本からの輸出に関する制度

菓子の輸入規制、輸入手続き

中国での輸入手続き

1. 輸入通関手続き(通関に必要な書類)

調査時点:2018年7月

菓子の通関に必要な書類は次のとおりです。

  1. 通関申告書
  2. 契約書
  3. インボイス
  4. パッキングリスト
  5. 積荷目録
  6. 船荷証券
  7. 代理通関申告授権委託契約
  8. 輸入許可書類
  9. 税関の要求した加工貿易マニュアルおよびその他輸入関連証書
  10. その他必要書類

2. 輸入時の検査

調査時点:2018年7月

「輸出入食品安全管理弁法」によると、中国に輸入される菓子は、輸入食品衛生監督検査手続きを行わなければなりません。輸入食品が港に到着した後、輸入食品の輸入業者またはその代理人は、規定に従い次の書類を持って税関通関申告地の検査検疫機関において検査の申請をしなければなりません。

  1. 契約、インボイス、パッキングリスト、船荷証券などの必要な証憑
  2. 関連する許可文書
  3. 法律法規、双務協定、協議書およびその他の規定により提出が要求されている、輸出国(地域)政府機関の検疫(衛生)証書
  4. 食品ラベルの見本刷りおよびその翻訳文書(初回輸入の場合)
  5. 本弁法第8条に規定される許可証明文書(食品安全国家標準のない食品を初めて輸入する場合)
  6. 輸入食品である場合に添付すべきその他の証書または証明文書

検査検疫機関は検査申請資料を審査し、要求に適合している場合、検査申請を受理します。検査検疫合格証明書を取得するまで、輸入食品は検査検疫機関が指定する、または認める監督管理場所に保管しておかなければなりません。
監督者は貨物に対し現場検査を行うとともに、一部サンプルを採取します。検査検疫者は中国の食品衛生安全標準に基づき、輸出国(地域)の食品衛生、輸送・貯蔵中の貨物の状況および現場監督状況を参照し、サンプルを実験室に渡して検査させます。実験室検査では、菓子に含まれる重金属、放射性物質、真菌毒素、病原菌などの値が中国の基準に適合しているかを確認します。
輸入食品が検査検疫に合格した場合、検査検疫機関は合格証明書を発行し、販売、使用を許可します。
輸入食品が検査検疫に不合格であった場合、検査検疫機関は不合格証明書を発行します。また、安全、健康、環境保護にかかわる項目が不合格であった場合、検査検疫機関は当事者に廃棄するよう命じ、または返品処理通知書を発行し、輸入業者にシップバック手続きを行わせます。その他の項目が不合格であった場合、検査検疫機関の監督の下、技術処理を行うことができ、再検査に合格した後、初めて販売、使用することができます。

なお、日本から包装済み食品を中国に初めて輸入する場合、輸入食品のラベル検査、すなわちラベルの内容が法律法規および食品安全国家標準に合致するか否か、ならびに品質に関する内容の真実性、正確性について検査されます。「輸出入包装済み食品用ラベル検査監督管理規定」第6条に基づき、検査申請にあたり、検査申請組織は検査申請に関する規定に従って検査申請資料を提供しなければならないほか、さらに次の要求に従って公印押捺の上、ラベル検査の関連資料を提供しなければなりません。

  1. 原ラベルの見本刷りおよびその翻訳文書
  2. 包装済み食品の中国語ラベルの見本刷り
  3. ラベル記載の輸入業者、販売取次業者または代理業者の工商営業許可証のコピー
  4. 輸入包装済み食品のラベルにおいて、ある内容(例えば受賞、証書取得、法定生産地、地理的標識およびその他の内容)を強調している場合、または特殊成分を含有することを強調している場合、相応の証明資料。栄養成分の含有量を表示している場合、適合性の証明資料
  5. 添付しなければならない他の証書または証明文書

同規定第8条に基づき、この検査に合格した場合、届出証明書が交付されます。
また、同規定第12条に基づき、初回輸入し、かつラベル検査に合格した包装済み食品を再度輸入する場合、ラベル届出証明書と中国語ラベルおよび外国語ラベルの見本刷りを提供するだけでよく、前述3~5の証明資料を提供する必要はありません。

3. 販売許可手続き

調査時点:2018年7月

菓子に限らず、「食品経営許可管理弁法」第2条に基づき、中国国内において食品の販売に携わる事業者は、食品経営許可を取得しなければなりません。

「食品経営許可管理弁法」第11条に基づき、食品経営許可を取得するには、次の要件を満たさなければなりません。

  1. 経営対象食品の品目、数量に適した食品原料の処理および食品の加工、包装、貯蔵などの場所を有し、当該場所の環境が清潔に保たれるとともに、有毒、有害な場所およびその他汚染源と所定の距離が保たれていること。
  2. 経営対象食品の品目、数量に適した設備または施設を有し、関連の消毒、更衣、手洗い、採光、照明、換気、防腐、防塵、防蝿、防鼠、防虫、洗浄ならびに排水処理、ゴミおよび廃棄物の貯蔵設備または施設を有すること。
  3. 常勤または非常勤の食品安全管理者および食品安全保障の規則制度を有すること。
  4. 合理的な設備配置および工程を有し、加工前食品と直接口に入る食品、原料と完成品の交差汚染を防止し、食品が有毒物、不潔物質と接触することが避けられていること。
  5. 法律、法規に定めるその他要件を満たしていること。

4. その他

調査時点:2018年7月

なし

品目の定義

本ページで定義する菓子のHSコード

1905:パン、ペーストリー、ケーキ、ビスケットその他のベーカリー製品(ココアを含有するかしないかを問わない)など

中国において菓子の法的定義はありませんが、一般的に菓子とは、穀類、砂糖、食用油、卵、クリームなどを原料として、練り焼くまたは蒸すなどの方法により調理された食品をいい、ビスケット、キャンディ、ケーキなどが含まれます。

関連リンク

この情報はお役に立ちましたか?

役立った

役立たなかった

ご相談・お問い合わせ

マイリスト マイリストを開く 追加

閉じる

マイリスト
マイリスト機能を使ってみませんか?
ジェトロ・ウェブサイトのお好きなページをブックマークできる機能です。
ブックマークするにはお好きなページで追加ボタンを押してください。