1. サイトトップ
  2. お知らせ・記者発表
  3. 記者発表
  4. 2019年
  5. ニューヨークでテキスタイル専門見本市「Japan Textile Salon in NYC 2020」を開催

ニューヨークでテキスタイル専門見本市「Japan Textile Salon in NYC 2020」を開催

2019年12月18日

16社が米国市場開拓を目指し出品、日本発のサステイナビリティ対応製品と2021年春夏トレンドを発信

ジェトロは、テキスタイル専門見本市「Japan Textile Salon in NYC 2020」(会期:2020年1月21日~22日)を、米国・ニューヨークで開催します。
好評を得た過去2回の開催を経て、3回目の開催となる今回は国内の中小企業16社が出展、日本のテキスタイルの強みである高機能・高性能繊維や伝統の匠の技による生地など、多様な商品ラインアップで日本産繊維製品を現地バイヤーにアピールします。
広報展示コーナーには、現地バイヤーニーズに対応したサステイナビリティを切り口とする「サステイナビリティ・コーナー」を新設、環境に優しいオーガニックコットンやデニム、リサイクル素材を組み合わせた素材等を展示する他、一般社団法人日本ファッション・ウィーク推進機構による日本独自のトレンド「JFW Textile View」に基づく2021年春夏向けテキスタイルを編集展示し、日本のテキスタイルの魅力を発信します。

1.高評価を得る日本産繊維製品の輸出拡大が期待される米国市場

米国への繊維製品類の2018年の輸出額は、前年比1.1%増の368億円となり、2012年以降の6年間で154億円も増えています。また、長年の厳しい国際競争の中で生き残った日本のテキスタイルメーカー等は相応の力を持ち、高機能・高性能繊維などを生み出す高度な商品開発力や縫製技術、そして伝統的な匠の技を併せ持つ日本のテキスタイルのポテンシャルは高く、更なる輸出拡大が期待されています。
こうした背景のなか、ジェトロでは前回(2019年)に引き続き3回目となる「Japan Textile Salon in NYC 2020」を開催、現地バイヤーニーズを踏まえたサステイナビリティに対応する生地の選考を経た新規5社を含む16社が出品し、米国市場開拓に挑みます。

図:日本の米国向け繊維製品輸出額の遷移(単位:億円)

2012年から2018年の日本の米国向け繊維製品輸出額の推移を示す図。2012年(214億円)、2013年(231億円)、2014年(270億円)、2015年(301億円)、2016年(279億円)、2017年(329億円)、2018年(368億円)

(出典)財務省貿易統計よりジェトロ作成

2.現地バイヤーニーズを意識した「サステイナビリティ・コーナー」を新規設置

広報展示コーナーでは、初の試みとして、現地バイヤーのサステイナビリティに対する高い関心を汲み取った「サステイナビリティ・コーナー」を設置し、「原料」「製造工程」「企業認証」の三分類で定義したサステイナビリティに対応する出品物を展示します。
例えば、「原料」については、リサイクルコットンと再生ポリエステルの混合素材、原料着色料・フッ素フリーで残留ホルマリンゼロの「生分解」芯地など、表地だけではなく裏地も含めたトータルのサステイナビリティを提案します。
「製造工程」においては、染色段階で水の使用量を削減した染色手法によるデニムや草木染めによる生地など、環境に優しい生地を出品します。
更に、「企業認証」については、GRS(Global Recycled Standard)やGOTS(Global Organic Textile Standard)認証を取得した糸を使用するオーガニックコットンなど、サステイナビリティに関心の高い現地バイヤーの期待に十分応えられるラインアップとなっております。


Japan Textile Salon in NYC 2020開催概要

主催
:ジェトロ
運営事務局
:一般社団法人日本ファッション・ウィーク推進機構(JFW)
会期
:2020年1月21日(火曜)・22日(水曜)
会場
:The Altman Building
参加企業
:16社(別添参照)
会場構成
:出展者ブース、広報ブース(サステイナブルコーナー、トレンドコーナー)
Website
:http://japantextilesalon.com外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
Instagram
:https://www.instagram.com/japantextilesaloninnyc/外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
Linked-In
:https://www.linkedin.com/company/japan-textile-salon-in-nyc外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

(図2:Japan Textile Salon in NYC 2020会場イメージ)

Japan Textile Salon in NYCについて

ファッション分野における世界最大マーケットのひとつである米国市場のミドル・ハイエンドゾーンにおいて、日本のテキスタイルは伝統的な匠の技や高い加工技術等の開発力が高く評価されています。このような日本のテキスタイルを米国市場に打ち出す機会として、2018年1月17日・18日に第1回Japan Textile Salonを、2回目を2019年1月16日・17日に開催し、300名以上のバイヤーを迎えました。
米国のテキスタイル分野においてSNSによるPR広報が必須であることを踏まえ、昨年に引き続きホームページ開設やインスタグラムによる積極的なバイヤー誘致を展開し、成約向上を目指します。

Japan Textile Salon in NYC 2020について

ジェトロ市場開拓・展示事業部 海外市場開拓課 (担当:金成・久保)
Tel:03-3582-1670

ジェトロ・ニューヨーク事務所 (担当:坂戸、新倉)
Tel:+1-212-997-0400