1. サイトトップ
  2. ジェトロについて
  3. ジェトロ・トピックス
  4. 第11回日本・エジプト経済合同委員会会議及び日本・エジプト投資フォーラムに合わせて、ミッション派遣

第11回日本・エジプト経済合同委員会会議及び日本・エジプト投資フォーラムに合わせて、ミッション派遣

2019年3月

「第11回日本・エジプト経済合同委員会会議及び日本・エジプト投資フォーラム」をカイロで開催

ジェトロは日本エジプト経済委員会とともに、3月10~12日にかけてエジプトミッションを派遣し、日本企業約40社、70人が参加しました。11日には、「第11回日本・エジプト経済合同委員会会議及び日本・エジプト投資フォーラム」をカイロで開催しました。同委員会は1978年に設立され、2016年3月にアブドゥルファッターハ・エルシーシ大統領の訪日の機会に第10回会議を東京で開催して以来、3年ぶりの開催となりました。エジプトからはモハメド・シャーケル電力・再生可能エネルギー相、サハル・ナスル投資・国際協力相、アムル・ナッサール貿易産業相など閣僚4人やエジプト・日本経済委員会のイブラヒム・エルアラビー委員長、エジプトの官民関係者約350人のほか、日本からは日本エジプト経済委員会の小澤哲委員長や日本のミッションメンバーなど、日エ双方で約460人が参加しました。

フォーラムの会場風景(約460人の参加者)

小澤委員長の開会挨拶

石毛理事長の基調講演

シャーケル電力・再生可能エネルギー相の基調講演

フォーラムでは、エジプトの閣僚3人を含む基調講演のほか、両国間の新たな連携分野、貿易投資や第7回アフリカ開発会議(TICAD7)におけるエジプトの役割などのテーマについて、議論が行われました。発電などのインフラ整備、大エジプト博物館の新設などによる観光促進、経済特区の動向、エジプトのスタートアップ・エコシステムなど、拡大するエジプト経済を背景にテーマは多岐に渡りました。また、JBICと投資・国際協力省間、ジェトロと貿易産業省間の協力覚書(MOU)署名式も行われました。

ジェトロと貿易産業省とのMOU署名

フォーラム翌日にはミッションメンバーを対象に視察ツアーを実施し、進出日系企業の現地工場、日本の支援で建設中の大エジプト博物館、新首都大型発電所等を訪問し、多様な分野でエジプトの今後の可能性を感じさせる内容となりました。

ビジネス環境の整備に向けて、エルシーシ大統領、マドブーリー首相や主要閣僚と面談

ミッションの主要メンバーはエルシーシ大統領、マドブーリー首相を始め、エジプトの主要閣僚等と面談を行い、より良いビジネス環境の実現に向けて、積極的な意見交換を行いました。ジェトロの石毛博行理事長および小澤委員長は大きな懸念事項になっている自動車産業政策の具体化や輸入部品の税制優遇、駐在員事務所設立基準の見直しなどについて改善提案を行いました。これに対して同国政府はビジネス環境改善に向けて速やかに対処する意向を示しました。さらに石毛理事長は、エジプトが今年のアフリカ連合(AU)議長国を務めることを歓迎し、今年8月に開催が予定されるTICAD7では、ビジネス交流の場を活用してほしいと同国への期待感を示しました。

第11回日本・エジプト経済合同委員会会議及び日本・エジプト投資フォーラム 概要

開催日時 2019年3月11日(月曜) 14時00分~18時20分
会場 フォーシーズンズホテルカイロ・ナイルプラザ プラザボールルーム
主催 ジェトロ、日エ経済委員会、エ日経済委員会、エ投資国際協力省
次第
  1. 開会・来賓挨拶
    エルアラビー・エ日経済委員長、小澤日エ経済委員長、能化駐エジプト日本大使
  2. 基調講演
    石毛ジェトロ理事長、 シャーケル電力・再生可能エネルギー相、ナスル投資・国際協力相、ナッサール貿易産業相、マミーシュ・スエズ運河庁(兼スエズ経済特区庁)長官、JBIC長谷川常務、エルセウェディ・エジプト産業連盟理事長
  3. MOU式典
    JBICー投資・国際協力省、ジェトロー貿易産業省
  4. 特別セッション1
    「二国間協力の可能性としての重点分野」
  5. 特別セッション2
    「TICAD/投資・貿易政策から観た、エジプトのアフリカにおける重要性」
  6. 閉会挨拶
    西谷・日エ経済委事務総長、ファドル・エ日経済委事務総長