地域進出支援ナビ

広島県

厳島神社

広島空港

高付加価値なものづくり、ひろしま

お知らせ

コンタクト

投資促進課

〒730-8511 広島県広島市中区基町10-52


基礎情報

人口 *1

284万人

労働力人口 *1

138万人

GDP (名目)*2

11兆9,447億円

事業所数*3

131,074事業所

管轄ジェトロセンター
  1. *1

    総務省統計局「平成27年国勢調査」

  2. *2

    内閣府「平成28年度県民経済計算」

  3. *3

    総務省統計局「平成28年経済センサス」

基礎情報更新日:2020年11月

ビジネス環境

豊かな自然環境や平均的な社会経済指標などから「日本の縮図」と言われる広島県は、多くの企業に日本市場のテストマーケットとして活用され、各種の新製品開発の一翼を担っている。日本市場の入口となる広島県は、皆様のビジネスにとって絶好の環境である。また、造船や鉄鋼、自動車産業から、電気・電子関連の先端産業まで、多様でバランスのとれた層の厚い産業集積が形成され、鉄鋼・化学などの素材産業から電気・精密機械まで、幅広い分野で300を超えるオンリーワン・ナンバーワンの有力企業が立地するなど、世界に誇るものづくり技術が集積している。

インセンティブ

先端・成長産業集積助成

補助金

助成対象:建物・設備

助成額:
【県内初立地】
固定資産税評価額×15%
【県内既立地】
固定資産税評価額×10%

限度額: 35億円

研究開発機能拠点化助成

補助金

助成対象: 建物・設備・人材
国内初立地(※5)の外国企業が事業所等を広島県内に新設する場合は1人以上の常用雇用者を異動(住民票を県内に異動し1年以上継続)または新規雇用する場合に助成対象。

助成額:
県外から異動となる研究開発者または新規雇用の研究開発者1人当たり100万円(県外から異動となる研究開発者の家族を含む)
初期コストの1/2など

限度額:1億円

企業人材転入助成

補助金

助成対象: 建物・設備・人材
国内初立地(※5)の外国企業が事業所等を広島県内に新設する場合は1人以上の常用雇用者を異動(住民票を県内に異動し1年以上継続)または新規雇用する場合に助成対象。

助成額:
県外から異動となる常用雇用者1人当たり100万円(異動者の家族を含む)
初期コストの1/2

限度額:1億円

誘致重点産業

環境浄化関連産業

広島県は自動車、鉄鋼、造船などの重厚長大産業を中心に発展し、瀬戸内海沿岸は日本有数の工業地帯である。このため、県内には、公害防止等で培った環境関連技術・ノウハウ等を活用して環境関連機器・装置・システムの製造などに取り組み、世界市場で活躍する有力な企業が存在しており、本県の環境装置、ポンプなどの生産規模は、国内トップクラスである。

主な地元企業

バブコック日立(株)、MHIソリューションテクノロジーズ(株)、ツネイシカムテックス(株)

教育・研究機関

産業技術総合研究所中国センター、広島県立総合技術研究所、広島県産業科学技術研究所

関連リンク

自治体ページ
研究機関
教育機関

生活情報

広島県は、108の島々が点在する瀬戸内海や四季豊かな中国山地からなる豊かな自然がある。同時に高度な都市機能も備え、観光もレジャーも多種多様、食材も豊富で、居住、教育、余暇、おいしい食べ物など様々な面で充実した生活が楽しめる。また、東京、大阪、名古屋の三大都市や、各主要都市に比べて、消費者物価指数や平均地価が低いため、良いものを安く手に入れることができる環境である。
ひろしま国際センターでは、在留資格、社会保険・労働条件等に関して多言語による「外国人総合相談窓口」を設置している。

物流インフラ

広島県は、陸・海・空の交通が発達しており、各地へ迅速にアクセスが可能である。広島空港は広島とアジアの主要都市を結んでいる。また、県の東西を新幹線が貫き、東西南北の各方面へ高速道路がのびている。広島、福山の各港は数多くの定期コンテナ航路を擁し、日本国内外への物流拠点として非常に適した地といえる。

北京、大連、上海、成都、ソウル、台北、香港(2015年8月16日より)の6(7)都市へ就航しており、中国・四国地方で最多の路線数。東京成田1日3便(1時間30分)、羽田17便(1時間20分)、札幌・仙台に各2便、沖縄1便就航。

関連リンク

広島県の概略地図

サポート体制

海外ビジネス課は、広島への投資、ビジネスに関する相談窓口として、スタッフ雇用に関する情報収集、オフィス探し、営業先の紹介等、個々の企業ニーズに対応したオーダーメイド型支援を行っている。

広島県への進出事例

外資系企業動向

お問い合わせ

フォームでのお問い合わせ

電話がつながりにくいときは、「お問い合わせフォーム」からご連絡ください。

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

受付時間

平日9時00分~12時00分/13時00分~17時00分
(土日、祝祭日・年末年始を除く)

この情報はお役にたちましたか?

送信