1. サイトトップ
  2. ジェトロ活用事例
  3. 株式会社三晃精密:入念な現地調査、ビジネスパートナーの見極め、公的機関の支援が合弁事業成功の決め手

株式会社三晃精密

入念な現地調査、ビジネスパートナーの見極め、公的機関の支援が合弁事業成功の決め手

精密順送プレス金型製作、精密金属部品加工等を主な事業として展開。高い精度が要求される二輪・四輪車の電装系部品・半導体・弱電部品が得意分野。2019年、初の海外事業としてインドネシアの合弁会社にて製造・販売開始。

和歌山県橋本市 ウェブサイト外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

展開国・地域:
・2019年 インドネシア
事業内容:
精密順送プレス金型、精密金属部品加工等の製造・販売

代表取締役 濱本 浩一 氏

海外進出の始まりは一通のメールから

弊社がインドネシアへの進出を目指したきっかけは、2007年に現地の日系電子部品メーカーから届いた一通のメールでした。そのメールによると、現地には精密金型が無く、困っているとのことでした。弊社はこれまで海外ビジネスの経験がなかったものの、決済条件が前払いだったこともあり、初めて輸出に取り組みました。納品の際に現地を訪問すると、人口がすでに2億3千万人(当時)を超え、多くの日系の自動車メーカーや家電メーカーなどが進出しているのを目の当たりにし、無限の可能性を感じました。当時、インドネシアでは弊社が作るような精密金型を製造できる企業は少なく、自ずと「インドネシアに来てほしい」と誘いを受けることになりました。
そこで、現地の金型工業会、JICA、ジェトロ、商工会議所、大使館、日系企業や物流会社などから進出に関する情報収集を行いました。2015年には独資での進出を決め、資本金の一部支払いも済ませました。しかしながら、景気後退の兆しを察知して、進出計画を一旦保留することにしました。

同社の製造する精密金型

現地パートナーとの出会いを機に、進出を実現

その後もインドネシアへの進出機会を模索し、2016年に工作機械・工具等を対象にした国際展示会「Manufacturing Indonesia」を視察しました。その後、和歌山県庁及びインドネシア工業省の仲介で、現在の現地パートナーより技術提携の打診がありました。2017年には技術提携契約を締結し、2018年には合弁会社の設立を決めるなど、とんとん拍子に話が進みました。これは一重に、この現地パートナーが幅広い人脈でサポートしてくれたおかげです。さらに、販路についても様々な助言をいただき、順調に開拓することができました。
その一方で、実際に合弁会社を立ち上げるには、法規制・人材採用・設備搬入・税務対策・会社運営などの実務的な課題が山積していました。加えて、仕事の進め方についても文化の違いから戸惑うことがありました。これらの課題を乗り越えるべく、2018年5月にジェトロの「新輸出大国コンソーシアム」の専門家支援に応募しました。ジェトロの専門家からは実務や文化に関するアドバイスを受け、結果として2019年11月には合弁会社を稼働させることができました。

「Manufacturing Indonesia」出展時の様子

技術提携契約調印式の様子

現地調査の重要性と公的機関の支援活用

2007年の初めて訪問して以来、幾度となくインドネシアに足を運び、進出に関する情報収集を重ねてきました。現地の公的機関からはインドネシアの経済状況や雇用関係、関税に至るまで、幅広い情報を得ました。併せて、精密金型に対する進出日系企業のニーズや、文化の違う国と取引する際の注意点なども伺いました。とりわけ、心配していた港湾・インフラ関連について確認ができ、現地でビジネスを行うイメージを掴めたことが、今回の合弁会社設立の最終的な決断に繋がりました。 また、ジェトロをはじめとした公的機関からの支援も合弁事業を進めるにあたり、大きな安心材料となりました。「新輸出大国コンソーシアム」の専門家支援では、インドネシアで実際に会社経営の経験がある専門家のアドバイスにより、多くの気づきを得るとともに、実践的な手法を教わりながら合弁会社での生産開始を実現できました。
日本とインドネシア両国の様々な機関の支援がなければ、今回の合弁会社設立は困難であったと思います。

現地の合弁会社の社員

専門家からのポイント

三晃精密の成功要因は、何より現地パートナーとの出会いにあります。そのパートナーは技術専門学校を卒業した金型分野の専門家で、インドネシアの金型業界では知らない人がいないくらい顔の広い方でした。大手自動車メーカーのTier Oneとして、政界にもネットワークを持つ猪突猛進タイプの事業家で、油断するとアウェイの立場である我々が弾き飛ばされそうになり、牽制することもしばしばありました。しかしながら、やはり彼をビジネスパートナーに選んだことは大きな財産と言えます。専門家としては、合弁交渉や販路開拓、人材採用、設備導入、税務対策、工場管理体制の構築などで多角的に支援を実施しました。

ご利用いただいたジェトロのサービス

  • 新輸出大国コンソーシアム
    日本企業の海外展開を支援する全国のあらゆる支援機関が結集し、海外展開にご関心をお持ちの中堅・中小企業の皆様へワンストップの支援サービスを提供します。

株式会社三晃精密

和歌山県橋本市
http://www.sankoseimitsu.co.jp/外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
代表者:濱本 浩一
設立年:1990年5月
従業員:30名
事業内容:精密順送プレス金型、精密金属部品加工等の製造・販売

2020年9月

関連情報

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。