阪東食品
基準の厳しいEU向けにゆず生果を初輸出

「葉っぱビジネス」の成功で知名度の高い徳島県上勝町で、柑橘類(ゆず、すだち、ゆこう)や伝統的な特産品阿波晩茶の生産から加工までを一貫して有機で行う。同社製品の一部(有機柑橘果汁、ゆずそると、阿波晩茶、清涼飲料水等)は日本アジアハラール協会のハラール認証も取得している。

徳島県勝浦郡 ウェブサイト外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

海外ビジネス経験
:あり
目的
:輸出
対象国・地域
:フランス、ドイツ、中国、スペイン、シンガポール、香港、マレーシア、アメリカ、オランダ

みちこの有機ぽんず360ml(左)、有機栽培ゆず酢720ml(中)、ゆず園地(右)

ジェトロ活用のメリット

ジェトロ主催の国内外の商談会は、海外バイヤーとの商談機会を得るだけでなく、海外ビジネスに関心がある国内企業同士のネットワーク、コネクションも構築できる点が魅力。直近に行ったスペインへの初輸出など、ジェトロ事業を通じてつながった国内企業からの紹介から新しい商談へつながることもある。企業の規模が小さいため、費用と体制の面で海外展示会へのいきなりの出展はハードルが高いが、国内で開催する「海外バイヤー招へい商談会」は参加し易い。

有機JAS認定農園で生産した製品を海外へ

阪東食品は、有機にこだわり、柑橘類(ゆず、すだち、ゆこう)や阿波晩茶といった徳島の特産品の生産、加工、販売を行う。小規模ながらも生産、加工、流通販売まで自社で手がける六次産業化を実践、海外販路も順調に拡大している県内でも数少ない事業者である。加工品は有機の柑橘果汁、ゆずポン酢、清涼飲料水、ゼリー等のラインナップを揃えている。
海外での和食ブームもあり、自社製品が海外に通用するのかチャレンジしたいという漠然とした思いを抱いていたところ、県からの誘いもあり、09年、上海で開催された徳島県主催の物産フェアに出展。これをきっかけに輸出に関心を持ち、海外市場開拓の取組を開始した。
上海の物産フェア後に海外ビジネスについて学ぶ必要性を実感。輸出に向け本腰を入れ始めた矢先の11年、震災により一旦振り出しに戻ることもあったが、同社は地道に取り組みを続けてきた。まず現地の最新の市場動向、規制情報収集のためジェトロを活用することにした。ジェトロ徳島が主催する輸出勉強会に何度も参加、制度・手続きなど、貿易のイロハを学んだ。FOODEXでジェトロが併催するバイヤー商談会や四国4県のジェトロが地元で開催した食品輸出商談会等にも参加し、ネットワークの構築にも力を入れた。


ANUGA 2015(ケルン)

基準の厳しいEU向けにゆず生果を初輸出

輸出への取り組み当初はターゲット市場であるEUの情報収集は困難であったが、ジェトロ徳島主催のセミナー等を通じて現地の最新情報を収集することでカバーした。セミナーで講師を務めた欧州のジェトロ食品コーディネーターから聞いた現地市場についての「生の声」も非常に参考になった。
14年、SIAL(世界最大級の国際総合食品見本市、開催地パリ)に出展した際、以前ジェトロの商談会で出会ったフランスのバイヤーと再度商談したことを機に取引が拡大。フランスではポン酢・すだち・ゆず果汁が人気で、年間通じて計3,000本以上の取引がある。
同年には徳島県初となるゆず生果のフランス向け輸出も実現した。EU側の検疫条件が国内で求められる基準より厳しく、また病害虫の対策も必要だったため、準備に1年以上を要したが、その分だけ輸出成功には大きな達成感があった。15年にはドイツとスイスへのゆず生果の輸出が実現した。
また、14年に四国で開催されたジェトロの食品輸出商談会をきっかけにドイツのバイヤーと取引がスタート。現在はゆず加工品を中心に継続的な輸出が続いており、年間1,000本以上の取引がある。ジェトロ事業をきっかけとした継続的な輸出取引を今後もさらに増やしていくつもりだ。


阪東食品
代表 阪東 高英 氏

勉強会から始まり、ジェトロには商談会・展示会を通じて海外に出ていくきっかけを作っていただいた。現在、フランス、ドイツへの継続的な輸出が実現しているが、今後はEU全域へとさらに市場を拡大していきたい。

写真 代表 阪東 高英 氏

ジェトロ徳島
所員 須貝 智也

同社は決して有利ではない山間部という立地で六次産業化を実践し、海外輸出にも取り組む地元のパイオニア企業。今後も同社の活躍が地域に活力を与え、地域全体の活性化に繋がることを期待している。

写真 ジェトロ徳島 所員 須貝 智也

ご利用いただいたジェトロのサービス

  • 展示会・商談会への参加
    海外販路開拓のきっかけとなる展示会・商談会への出展をサポートします。
  • 貿易投資相談
    本部(東京)、大阪本部、国内各地の貿易情報センターなどでは、お客様から電話、Fax、E-mailで寄せられるご相談にお答えします。

阪東食品

徳島県勝浦郡上勝町大字生実字上野63
Tel:0885-46-0822
http://bando-farm.com/index2.html外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
代表:阪東 高英
従業員:4名
事業内容:有機すだち・ゆず・ゆこう・阿波番茶の製造、加工、販売

2016年3月

関連情報

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。