上海市、カーボンピークアウトに向け数値目標など示す

(中国)

上海発

2022年08月04日

中国・上海市政府は728日、カーボンピークアウトに向けた実施方案外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますを発表した(以下、方案)。方案では第145カ年規画期間中(20212025年)、第155カ年規画期間中(20262030年)に分けて、主要目標を設定している。

まず、2025年までの目標として、単位GDP当たりのエネルギー消費量を2020年比で14%低下させるとともに、エネルギー消費総量に占める非化石エネルギーの割合を20%にする。また、単位GDP当たりの二酸化炭素(CO2)排出は、国が掲げる目標を上回る水準になるようにする。目標に向けた、第145カ年規画期間中の具体的な取り組みは以下のとおり。

  • 産業構造とエネルギー構造を最適化する。
  • 重点業界のエネルギー利用効率を向上させ、石炭消費総量を一層削減する。
  • 超大都市に適応したクリーンで低炭素、安全かつ効率的な現代エネルギーシステムと、新型電力システムの構築を加速する。
  • グリーン低炭素技術のイノベーションと研究開発、普及、応用が重要な進展を遂げ、グリーンな生産および生活様式が普遍的になるよう推進する。
  • 基本的な循環型社会を構築し、グリーンで低炭素な循環発展政策体系の初歩的部分を確立する。

2030年までには、エネルギー消費総量に占める非化石エネルギーの割合を25%まで引き上げるとともに、単位GDP当たり二酸化炭素排出を2005年比で70%減少させる。これによって、2030年までのカーボンピークアウト達成を確保する。第155カ年規画期間中の取り組みは以下のとおり。

  • 産業構造とエネルギー構造の最適化・グレードアップが大きな進展を遂げるようにする。
  • クリーンかつ低炭素、安全かつ効率的な現代エネルギーシステムと新型電力システムの基本を確立させる。
  • 重点分野の低炭素発展モデルの基本形成。
  • 重点業界のエネルギー利用効率を国際的にみても先進的な水準にする。
  • グリーン・低炭素技術のイノベーションが画期的な進展を遂げるようにし、簡潔かつ適度なグリーン生活様式を全面的に普及させる。
  • 循環型社会の発展レベルを顕著に向上させ、グリーンで低炭素な循環発展政策体系の基本を構築する。

こうした目標に加え、方案では、エネルギーグリーン低炭素転換行動、省エネルギー、炭素削減、効率化行動などを重点任務とした、カーボンピークアウト10大行動を推進するとしている(詳細は添付資料参照)。

(高橋大輔)

(中国)

ビジネス短信 d1e1f2b72b808aff

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp