ドイツ自動車大手3社、2022年上半期の世界販売台数は前年同期比で減少

(ドイツ、世界)

ミュンヘン発

2022年08月05日

ドイツ自動車大手のBMW83日、2022年上半期(16月)の全世界の乗用車販売台数を発表した。これで、フォルクスワーゲン(VW)グループ、メルセデス・ベンツグループを含むドイツ自動車大手の2022年上半期の販売実績がそろった。3社とも2022年上半期の世界販売台数は、半導体など部品不足の影響を受け、前年同期比で減少した。低排出ガス車〔バッテリー式電気自動車(BEV)とプラグインハイブリッド車(PHEV)〕では、特にBEVが好調だった。

VWグループの2022年上半期の総販売台数(注1)は、387万5,115台(前年同期比22.2%減)だったPDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)。また、2022年上半期のBEVの世界販売台数は217,064台(27.0%増)だった一方、PHEVの世界販売台数は105,832台(38.5%減)と大幅に落ち込んだ。低排出ガス車が2022年上半期の世界販売台数に占めるシェアは8.3%となり、前年同期に比べ1.4ポイント上昇した。乗用車の販売台数は3737,819台(23.0%減)で、これを地域別にみると、アジア大洋州が1619,115台(18.7%減)で、うち中国が1469,106台(20.4%減)と大きく減少した。西欧は1252,172台(20.9%減)となり、ドイツは467,679台(13.3%減)だった。

BMWの2022年上半期の乗用車販売台数(注2)は、116万94台(前年同期比13.4%減)だったPDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)。地域別では、欧州は434,235台(14.0%減)で、うちドイツは121,780台(10.5%減)。アジアでの販売台数は495,559台(14.6%減)で、中国は379,524台(18.9%減)と落ち込んだ。2022年上半期のBEVの世界販売台数は75,890台で、前年同期比2. 1倍と急増した。一方、PHEVの世界販売台数は108,578台(7.3%減)だった。低排出ガス車のシェアは15.9%で、前年同期に比べ4.5ポイント上昇した。

メルセデス・ベンツグループの2022年上半期の乗用車販売台数(注3)は、974,100台(前年同期比8.1%減)だったPDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)。そのうち、BEV58,600台(49.9%増)。一方、PHEV79,000台(4.4%減)にとどまった。低排出ガス車のシェアは14.1%を占め、前年同期に比べ2.6ポイント増加した。メルセデス・ベンツグループの主力ブランドであるメルセデス・ベンツの2022年上半期の販売台数は、同社の711日の発表外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますによると、欧州、アジア、北米、その他のいずれの地域でも、前年同期比で減少した。地域別にみると、欧州(注4)での販売台数は305,300台(12%減)で、うちドイツは101,200台(6%減)。アジアでの販売台数は469,900台(16%減)で、中国は355,800台(19%減)と大きく落ち込んだ。

(注1)中国の合弁会社分とVWブランド商用車を含む。なお、乗用車の販売台数には中国の合弁会社分も含む。

(注2BMW、ミニ、ロールスロイスブランドの合計。華晨汽車集団(Brilliance)との合弁会社分を含む。

(注3)メルセデス・ベンツグループ傘下のメルセデス・ベンツおよびスマートの合計。

(注4EU加盟国、スイス、ノルウェー、英国の合計。

(クラウディア・フェンデル)

(ドイツ、世界)

ビジネス短信 958c40f79a8ce9a7

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp