パナソニック、米テスラ向けEV用バッテリー増産へ、メディア報道

(米国、日本)

サンフランシスコ発

2022年08月18日

パナソニックホールディングスが米国テスラ向けの電気自動車(EV)用バッテリーを2024年までに10%増産すると、815日に複数のメディアが報じた。

増産を担うのは、パナソニックがテスラと共同で運営している米ネバダ州の「ギガ・ファクトリー1」。パナソニックは、機材の故障を減らして生産能力を約10%向上させることを目的に、6月までに技術支援やトレーニングを実施する人員を数十人派遣しており、同工場の最終的な生産能力は、年間約43ギガワット時(GWh)となる見込み(「日経アジア」815日)。同社はテスラの主力製品のモデル3などに用いられるシリンダー形2170電池を増産する予定だ。モデル3は、カリフォルニア州でも最も多く販売されているEV1つで、2021年は年間67,262台、2022年は第2四半期(46月)までで43,692台販売されている。

パナソニックホールディングスの電池事業会社パナソニックエナジーは714日に、米国で2つ目となるEVバッテリー工場をカンザス州に建設すると発表した(2022年7月14日記事参照)。また、テスラは2022年第2四半期決算報告会で、パナソニック製の4680電池をテキサス州オースティンの施設「ギガ・テキサス」で2022年第3四半期(79月)中に生産し始める予定と明らかにしている(専門ニュースサイト「エレクトレック」720日)。

(田中三保子)

(米国、日本)

ビジネス短信 7947fa09a38db93f

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp