郡山市・豊田市がエッセンとグルノーブルを視察

(フランス、ドイツ、福島、愛知)

パリ発

2022年07月07日

EUの国際都市地域間協力(IURC)プログラムに基づき、6月23~28日に、ドイツはエッセン市、フランスはグルノーブル・アルプメトロポール(GAM)(注)において、福島県郡山市・愛知県豊田市の「水素」および「オープンイノベーション」分野のステークホルダー10人から構成されるミッション団が視察を行った。本事業は、日・EUの都市がペアを組み、相互の視察訪問などの交流を通して、協力による相乗効果と付加価値を生み出すことを目指すもので、2月1日のオンラインキックオフ外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます以降初めて、日本側から欧州両都市への訪問が実現した。

本ミッションは、独仏の先進的な施策や経験を学ぶとともに、今後の4都市間連携によるアクションプランやプロジェクト策定に向けた協議を目的に実施された。欧州両都市の首長への表敬訪問のほか、両都市に立地する水素・オープンイノベーション関連企業や研究機関、市民への科学技術普及啓発機関などを訪れた。

水素・オープンイノベーション分野での4都市の連携強化に期待

トーマス・クーフェン・エッセン市長は、長年にわたって連携を深めている郡山市、新たなパートナーである豊田市の訪欧を歓迎。エッセン市で開催されるエネルギー・水ソリューションの総合見本市イー・ワールド エネルギー&ウォーター外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます2022年7月5日記事参照)、同市にあるガス・熱研究所(GWI)への訪問や水素関連スタートアップハブ「H2UB」(エイチツーハブ)での取り組みを視察することが、これからの4都市連携強化の礎になることを期待すると述べた。

写真 ミッション団によるクーフェン・エッセン市長(前列中央)表敬訪問(エッセン市経済振興公社提供)

ミッション団によるクーフェン・エッセン市長(前列中央)表敬訪問(エッセン市経済振興公社提供)

クリストフ・フェラーリ・グルノーブル・アルプメトロポール(GAM)議会議長は「EU国際都市間協力プロジェクト(IUC)により2018年に始まった豊田市とGAM間の連携が、GAMと姉妹都市関係にあるエッセン市との連携、さらにはエッセン市の日本側パートナーである郡山市をも含むネットワーク形成に至った。このパートナーシップは4都市にとって有益なものになるだろう」と期待を示した。さらに、GAMにはフランス有数の研究機関・企業が集積し、ことに水素分野においては大手エア・リキードの技術拠点、クリーン水素の製造・流通を行うスタートアップのマクフィ(McPhy)、持続可能なエネルギー技術に関する研究機関のCEA-Litenなど数多の有力プレイヤーが所在し、オープンイノベーションの点でも地理的利点がある点を強調した。

写真 ミッション団によるフェラーリ・グルノーブル・アルプメトロポール議会議長(前列中央)表敬訪問(郡山市提供)

ミッション団によるフェラーリ・グルノーブル・アルプメトロポール議会議長(前列中央)表敬訪問(郡山市提供)

2022年10月には、欧州側の2都市による郡山市・豊田市への訪問が予定されており、4都市間でのさらなる連携深化が期待される。

(注)メトロポールは、市町村広域連合体の単位の1つ。

(伊藤生子、田中俊)

(フランス、ドイツ、福島、愛知)

ビジネス短信 7da4fb3996767cd0

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp