シュコダ・オート、ワイヤーハーネスの生産の一部をウクライナから移管

(チェコ、ウクライナ)

プラハ発

2022年06月14日

チェコ最大の乗用車メーカーであるシュコダ・オート〔フォルクスワーゲン(VW)グループ〕は6月1日、ワイヤーハーネスの生産の一部について、ウクライナからチェコのムラダー・ボレスラフの本社工場に移管したと発表外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますした。

シュコダ・オートは、ロシアのウクライナ侵攻によってウクライナからのワイヤーハーネスの供給が滞り、生産に大きな影響を受けていた。2020年11月に生産を開始した同社初の国産電気自動車「エニヤックiV」は、2021年の同社の生産台数の7.3%(4万9,701台)を占め、主力車種として生産の拡大が期待されていたが(2022年5月24日記事参照)、ワイヤーハーネス不足の影響で2022年3月から8週間にわたり生産停止を強いられていた。

そのため同社は、サプライヤーであるPEKMカベルテフリクの協力を得て、4月にムラダー・ボレスラフの本社工場に生産ラインを新設し、Bセグメントのコンパクトカー「ファビア」向けワイヤーハーネスの生産を開始した。生産量を徐々に増やしており、今後「オクタビア」、「コディアック」など複数のモデルに供給する予定だ。なおワイヤーハーネスの生産にあたっては、PEKMのウクライナ西部リビウ工場に勤務していたウクライナ人の従業員35人が配置され、新規採用者のトレーニングにあたっている。

同社はさらに、サプライチェーンを強化するため、クロムベルク・ウント・シューベルト(ドイツ)のモロッコ工場、ウクライナ工場からもワイヤーハーネスの供給を受けることを発表した。バッテリー式電気自動車(BEV)向けに必要な高電圧ワイヤーハーネスについては新たにルーマニアから調達を開始する予定のほか、ウクライナやモロッコからの調達についても検討している。

同社はウクライナからの移管について、安定的な部品調達のための一時的な措置としているが、調達先を複数国に分散させることは長期的にはリスク要因を排除し、円滑な生産につながるとしている。

なおウクライナでは、シュコダ・オートのパートナー企業のユーロカーが西部ソロモノボ工場で「スパーブ」「コディアック」「カロック」「ファビア」の4車種をSKD方式(注)で生産していたが、現在は操業を停止している。

(注)Semi Knock Downの略称。自動車の生産方式の一つで、部品単位で海外に輸送し、現地で組み立てて完成車を生産する。

(志牟田剛)

(チェコ、ウクライナ)

ビジネス短信 7b9d75a988fb01ee

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp