APEC貿易担当相会合が開催

(アジア、オセアニア、タイ、日本)

バンコク発

2022年05月31日

タイで5月21日から22日にかけてAPEC貿易担当相会合が対面形式で開催され、ジュリン・ラクサナウィシット副首相兼商務相が議長を務めた。日本からは萩生田光一経済産業相、三宅伸吾外務大臣政務官が出席した(APEC外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますタイ商務省外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます経済産業省外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます外務省発表外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)。

ジュリン副首相は、APEC2022のテーマである(1)すべての機会にオープンである、(2)あらゆる次元で連結されている、(3)あらゆる側面でバランスがとれている、という3つの優先分野に基づく議長声明を発表した。主な内容は以下のとおり。

ジュリン副首相と萩生田大臣の会談

商務省によると、5月21日にはジュリン副首相と萩生田経済産業相の会談外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますも実施された。主な内容は以下のとおり。

  • アジア未来投資イニシアティブ(AJIF)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます:アジアにおける日本の未来の投資政策で、イノベーションを活用した投資に重点を置く。タイ側は、日本からの投資流入とタイ投資家との共同投資の拡大と、30社を超えるタイの投資家による対日投資の支援を要望。
  • 地域的な包括的経済連携(RCEP)協定:RCEP協定の活用で、日本のタイ向け輸出が増える可能性がある。タイも、食品や繊維製品の対日輸出でメリットを享受。両国は、RCEPのより良い活用が加盟国間の貿易拡大に資するとの考えで一致。
  • インド太平洋経済枠組み(IPEF):日本は、タイのIPEF協議への参加意向を歓迎。

(北見創、シリンポーン・パックピンペット)

(アジア、オセアニア、タイ、日本)

ビジネス短信 d40024056b53d476

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp