韓国銀行、UAE中銀との通貨スワップ協定を5年間延長

(韓国、アラブ首長国連邦)

ソウル発

2022年04月14日

韓国企画財政部は4月13日、韓国銀行(中央銀行)とアラブ首長国連邦(UAE)中央銀行の間で、ウォンとディルハムの通貨スワップ契約を延長したと発表した。

スワップの規模は、6兆1,000億ウォン(200億ディルハム、注1)。契約期間は4月13日~2027年4月12日の5年間で、契約期間満了時に両国間の協議により延長することが可能だ(注2)。

同部は協定延長の目的について、両国間の貿易を促進し、金融協力を強化するためとしている。

(注1)約6,100億円規模(1ウォン=約0.1円)。

(注2)UAEとの2国間通貨スワップ契約は2013年に締結、その後2019年に3年延長した。

(当間正明)

(韓国、アラブ首長国連邦)

ビジネス短信 f4b40b717593ec3c

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp