ケニア入国には新型コロナワクチン証明や、ケニア政府発行のQRコードなど必要

(ケニア)

ナイロビ発

2022年04月27日

ケニアでは3月に、新型コロナウイルス対策が大幅に緩和された(2022年3月15日記事参照)。ワクチンを必要回数接種している渡航者(入国者)は陰性証明書を携帯する必要もない。一方、入国に際して一定のルールも残っている。ジェトロが4月21日に入国した渡航者から入手した情報によると、必要書類は渡航時にチェックインカウンターなどで厳しく確認されることがあるため、注意が必要だ。同国の状況をまとめると以下のとおり。

1.入国前に準備すべき書類・手続きなど

ケニア保健省が指定するリンク外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますに必要事項を入力し、QRコードを取得しなければならない。QRコードは登録したメールアドレスに送付される。座席を入力する欄があるため、チェックイン後に登録する想定となっている。

また、出発前にPana Biosにアカウントを作成するほか、英文ワクチン接種証明書(注)と旅行情報を登録外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますし、QRコードを取得しなければならない。

以上、チェックインカウンターでは、ワクチン接種証明書、ケニア保健省が発行したQRコード、Pana Biosが発行したQRコード、査証の提示を求められる。

2.入国手続きの手順

上記手続きが済んでいれば、着陸から30~40分程度で入国できる。入国時のPCRテストなどは特にない。

3.入国後の必要手続き・行動制限

入国後の行動には特に制限がない。

(注)日本のワクチン接種証明書(英文併記)は有効。アプリで接種証明の発行を受ける場合は、事前にダウンロードしてPana Biosにアップロードする。

(久保唯香)

(ケニア)

ビジネス短信 f453c59ac2c2f8d8

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp