2年ぶりに新型コロナ関連の規制を全面撤廃

(モルドバ)

ブカレスト発

2022年04月26日

モルドバ公衆衛生特別委員会(CNESP)は4月15日、新型コロナウイルス感染症例の減少を受け、翌16日をもって公衆衛生上の非常事態宣言を解除することを決定した外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます。宣言発令からほぼ2年ぶりの解除となった。

直近2週間の人口100万人当たりの新規感染数は2022年2月18日時点で8,026人だったが、4月18日には552人となり、2カ月で93.1%減少した(Our World In Data外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)。

非常事態宣言解除によって全ての疫学的制限が解除される。マスクの着用は義務付けから推奨になる。しかし、CNESPは「新型コロナウイルスが消滅したわけではなく、感染した場合の重症化を防止するためにも、国民に対しワクチン接種を推奨する」としている。

入国時の陰性証明書やワクチン接種証明書提示義務、入国後の検疫期間も3月16日に全世界を対象に全面解除した。

(西澤成世)

(モルドバ)

ビジネス短信 f11f991e60fb02cf

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp