AIIB、ロシアとベラルーシ関連の活動の留保、再検討を発表

(ロシア、ベラルーシ、ウクライナ、中国)

中国北アジア課

2022年03月04日

ロシアのウクライナにおける軍事行動を踏まえ、アジアインフラ投資銀行(AIIB、本部:中国北京市、注)は3月3日、ロシア、ベラルーシに関連するAIIBの全ての活動を留保し、再検討すると発表外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますした。「(現下の)状況下において、同行の利益を最優先に考慮した結果」としている。

AIIBは発表において、「AIIBは、国際条約によって設立された多国間組織。国際法の順守は同行の中核」としたうえで、「(今般の)情勢を積極的にモニタリングし、AIIBの業務や各加盟国・地域の経済への影響を評価している。経済や金融面における事態の進展を踏まえながら、AIIBの健全性を守るべく最大限の取り組みをしていく」方針を示した。

その上で、「AIIBはフレキシブルかつ迅速に融資を拡大し、直接的、間接的にマイナスの影響を受ける加盟国・地域を支援していく準備が整っている。コモディティ価格の変動の経済への波及性に加え、金融市場のボラティリティやその他の要素は、加盟国・地域の経済にマイナスの影響を与えるだろう。パートナーである他の多国間組織とも連携しながら、必要な支援を迅速に提供していく」としている。

(注)「アジアやその他の地域での持続可能なインフラへの投融資」をミッションとして2015年12月に設立。トップの総裁は金立群氏〔元中国財政部副部長、元アジア開発銀行(ADB)副総裁〕。加盟国・地域数は105で、ロシアは57の創設メンバーの1つ、ベラルーシは2019年1月に加盟。現時点において、AIIBは累計で168のプロジェクトに合計で330億6,300万ドルを投融資している。

(中井邦尚)

(ロシア、ベラルーシ、ウクライナ、中国)

ビジネス短信 70557f9f7e5cf872

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp